« 猫の写真展「東京湾岸のねこたち」によせてⅦ | トップページ | 夢 »

2007年3月10日 (土)

猫の写真展「東京湾のねこたち」によせてⅧ

写真展展示作品との兼ね合いで、『WANGAN NEKO』での公開を見合わせてた作品をAlbum 11の方に追加しました。No.327、328は、いかにも東京湾岸らしい写真です。是非御覧下さい。

私の方は、タミフルが効いたみたいで熱もだいぶ下がり明日には全快となりそうです。3月下旬からは、撮影再開しますので、今回はストック写真からの更新でお許し下さい。

今日の写真は、Album 1 No,1の写真をPAINTERというソフトで加工した物です。「星野さんの写真は、絵みたいだ」と言われた事が有り、それならいっそのこと「絵にしてみよう」と思い加工してみました。

Neko

|

« 猫の写真展「東京湾岸のねこたち」によせてⅦ | トップページ | 夢 »

コメント

「絵の様な写真」という意見には私も同感です。この印象派風に加工された作品も違和感がないですね。
Album11の追加分拝見させていただきました。一番インパクトがあったのは、No.324です。誰も成し得なかった新しい表現ではないでしょうか。続くNo.325も印象的です。No.330は満月ですよね。その淡い逆光に浮かぶ猫の背中が、何かを訴えているかのようです。
今回も心に響く写真の数々ありがとうございました。

投稿: kazemachidori | 2007年3月11日 (日) 23時42分

kazemachidoriさんこんばんは。
No.330の満月の写真、実は月齢カレンダーと猫の行動パターンを計算して構想6ヶ月、ようやく条件に恵まれた物なんです。この写真(200mmで撮影)を、引きで50mmで撮った夜景が、今回の写真展の目玉だと自分では思ってます。スイマセン、名古屋巡回迄今しばらくお待ち下さい。
kazemachidoriさんも、短期間でずいぶんと猫写真家として腕を上げましたネ。

投稿: Hoshino | 2007年3月12日 (月) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 猫の写真展「東京湾岸のねこたち」によせてⅦ | トップページ | 夢 »