« 機材ボケ | トップページ | 『湘にゃんファイトクラブ』 yagi様へ »

2007年6月 1日 (金)

Album16出来ました。

約1ヶ月ぶりに、本館更新しました。

今回の写真は、全て2007年5月に撮影したものです。

まず、公園の夜から始まります。

その後、日中のけだるい感じの写真が淡々と続きます。

そして、No.472~は都会の夜。

少しノイズ感を出したくて、あえてKissデジタルNで、ISO800で撮影しました。

色温度もいつもより低めにして現像してみました。

WEBでは、その辺の微妙なニュアンスが伝わらないかとは思いますが、自分的には意図通り撮れたと思ってます。

予告してた、水溜りの写真、今回は入れられませんでした。次回作で御覧頂こうと思ってます。

*No.480の写真は、3日間後に差し替えます。いつもご覧頂いてる方へのサプライズです。

*6/3 23:55 No.480, 差し替えました。

Img_3398

|

« 機材ボケ | トップページ | 『湘にゃんファイトクラブ』 yagi様へ »

コメント

先日は遠い所を「湘南のらねこ物語」写真展にお越し頂きましてありがとうございました。
星野さんとゆっくりネコの話が出来てよかったです、ヤギも感激しあの後夜中まで話しを聞かされました(笑)
何時の日か荷物持ちで構いませんから、お供できればと思います

写真展がケーブルテレビですが取り上げられる事になりました
ノラネコたちの生き様を人が見て勇気が湧くような話も出来ればと思います

アルバム16 ひしひしと想いが伝わる写真ばかりでとても良かったです
私も少しでも近づけるよう、これでまた頑張れます

ありがとうございました

投稿: ぐりむ | 2007年6月 1日 (金) 10時39分

アルバム16拝見しました!
いつもながら、素敵な写真を見せていただけて、ただただ感謝♪
宝石のようなキラキラしたブリッジやビルの夜景、力強くしぶきを上げる波、ねこのしっぽのようにフワフワ輝く穂…。
星野さんは光のマジシャン。

家の中のねこを撮るのだって思い通りにならないのに^^;
いつどこで、どんな形で出逢えるかわからないねこさんが、1枚の絵画のようにファインダーに収まっている。技術と時間と、そして星野さんの体力・忍耐に脱帽です。

星野さんが撮影にねこというモチーフを選ばれたことに感謝。こんなにも素敵な写真・ねこたちと出逢えるのですから。

投稿: 寝子 | 2007年6月 1日 (金) 12時37分

地元密着のグリムさんですから、地元のケーブルテレビで取り上げられるなんて、最高の栄誉じゃないですか!

やっぱり、同じ空気を吸い、同じ水を飲んでる人が撮った写真には、よそ者は敵いませんからネ。

地道なボランティアをなさってる皆さんの優しいまなざしの写真、もっともっと輪が広がって行く事でしょう!

ガンバレ!!!

投稿: Hoshino | 2007年6月 1日 (金) 13時40分

寝子さん、こんにちは。

ちょっと色々悩んでて、納得行く写真が撮れなかったんですが、やまさんにご助言頂き何とかもう1歩前へ進む事が出来ました。お二人に出会えた奇跡、いつも感謝致しております。

イソップ童話の中の「狼少年」にならないように、今回は夜の写真も少しだけUPしてみました。

ブリッジの写真だけは、日曜の夜外します。
場所、もろ判っちゃうんで・・・

投稿: Hoshino | 2007年6月 1日 (金) 13時51分

Album16見せていただきました。
やっぱり夕景がよく似合う!(笑)
写真展の感動をまた思い出しました(笑)

先日来、湘南の方々の写真や、”猫に恋す”
などを紹介していただいて楽しみが増えました。
ブログってホントにすごいです!
猫が自ら水に入って海の中にいる魚を狙うなんて想像もしませんでした。
ホントに猫って奥が深いですね!(笑)
Hoshinoさんの雑記?もうなずけることが多々あって楽しいです。
これからも大いに楽しませていただきます。
ありがとうございました。

投稿: 嵐秋 | 2007年6月 1日 (金) 22時45分

ブログの時代。
世の中に情報があふれ、むしろ良質な情報が埋もれてしまう。
ランキング至上主義は、やがては自己破滅を招きます。
せっかくのブログ文化、もっと大切に育みたいですね。
あくびや、デュエットなど、普通のシーンでも、ライティングの妙だったり、夕景だとドラマチックに撮れますよネ。
カメラがあれば誰にでも作品が作れる。写真って凄いですよネ。

投稿: Hoshino | 2007年6月 2日 (土) 00時24分

Album16拝見させていただきました。
まずは、扉の画からすでにHoshinoワールドですね。なにげない画のようで、簡単には撮れない深みのある写真だと思います。
最初のお気に入りは、No.454の「晩照」(と勝手に名づけてしまいました)です。続くNo.455の「チガヤ」がまたとても好きな写真です。No.458は「空」の表情がよいですよね。No.463、464とレギュラー出演の猫さんたちが続いた後に、No.465でニューフェイス登場というところも心憎い演出です。
No.468(水滴)では、まさに決定的瞬間に感動しました。No.472からは、EOS Kissで撮られたとのことですが、これらは高いカメラでなくてもドラマティックな写真が撮れることの証明として、多くの方が勇気づけられたのではないでしょうか。個人的には特にNo.472(デュエット)の背景に写る高層ビル群の描写が大好きです。最後のNo.480は嬉しい「特典」ですね。(もっとも田舎者の私には、最初ピンときませんでしたが・・・苦笑)
改めて、最初にHoshinoさんの写真を「絵のよう」と表現された方には、敬意を表したい気持ちです。それがもうすぐ生でみられんですね。名古屋での個展心から楽しみにしています。

投稿: kazemachidori | 2007年6月 2日 (土) 02時51分

「晩照」いいタイトルですね。
kazemachidoriさん、簡潔にまとめるのが上手いので、是非ご自身のサイトでもステキな文章を皆さんに披露して下さい!
実はここは猫達のトイレなんで、寝そべって撮るのは少し勇気がいりました!

最近は、昼間は徹底的にレギュラー陣を撮りに行ってます。毎週、毎週、同じ場所へ。
お蔭で、猫達も私にくっついて歩くまで馴れてくれました。No.456の写真、私が走ると猫も走ってついて来るので、24mmノーファインダーで走りながら撮りました。
さすがに、帰りに車にまで乗って来た時には、胸がキュンキュンなりました。
もう撮り尽くしたなんて思ったら、ダメ。
撮って、撮って、撮りまくって、初めて次の何かが見えてくる。
そして、また撮って・・・

夜はTOKYOを意識して撮ってます。
私の住んでる街、TOKYOですから。
ロケーションでは、圧倒的に不利。上位機種やF1.2のレンズ持ってるのに、あえて下位機種で撮影をする私。かなりのひねくれ者ですネ。

お待たせいたしました。いよいよ名古屋展です。

投稿: Hoshino | 2007年6月 2日 (土) 13時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 機材ボケ | トップページ | 『湘にゃんファイトクラブ』 yagi様へ »