« Album 17 出来ました。 | トップページ | 雨間 »

2007年6月25日 (月)

恵みの雨

Img_5698

ここで生まれて、ここで育った。

汲み置かれた水道水は、好きじゃ無い。

雨水が溜まってる場所は沢山知ってる。

でも、やっぱり降ったばかりの水が、一番スキ。

(2007/06/24撮影)

|

« Album 17 出来ました。 | トップページ | 雨間 »

コメント

おはようございます。
毎日コメントをするのはストーカーっぽくて躊躇しますが、今日も心を奪われてしまいました。雨の水溜りで喉を潤す猫のひたむきな姿に心を掴まれ、しばらくの間画像の中から抜け出せなかったです。本当に切ない気持ちになります。愛おしい気持ちのやり場所が見つからずつい目頭が熱くなります。
昨日猫写真家・藤範智誠さんのブログ「野良っ猫写真日記」を覗いてみました。そこにも様々な猫達の生活がつづられていました。湾岸猫達の表情とはまた味が違い、コミカルなイメージで捉えられていて、のら猫達の呑気な表情や楽しい世界が伝わってきました。撮る人の心が映し出される写真は、見る人の心に様々な思いを伝えてきますね。写真ってこんなに素敵なものだと、その素晴らしさにやっと心が反応し始めたようです。全てにおいて、鈍感な私なんですぅ。お酒も脳中枢神経に達するのに時間が掛かってしまうみたいです。。。

投稿: 870 | 2007年6月25日 (月) 11時27分

私の場合、知らない内に記憶が途切れるほど酔いが廻ってます。
・・・お酒も、趣味も・・・
今は、猫の撮影に泥酔状態です!
でも、「酔い」って醒めた時の虚無さが怖いんですよね。
だから、この酔いが醒めない様にコメントで煽ってやって下さい!
(初期は、「猫に恋す。2」のkazemachidoriさんのコメントに支えられた私です。)
昨年11月末から始った当ブログの伝統(?)で、ライター(私)の記事より(皆様の)コメントや、コメントに対する(私の)お返事の方が熱くて長い(笑!)。
なので、手加減無く御願いいたします。

「Hoshinoの写真は、綺麗なのに物悲しい」と言われます。自分の被写体に対する「想い」が写真に出るんですよね。
だから、写真を撮るって行為はかっこ悪いと思う。自分の内面をさらす様なものだから。

投稿: Hoshino | 2007年6月25日 (月) 13時47分

22日のテトラポットの隙間で寝ている子猫の姿に本当にしんみりしました。がんばれよーとモニターに向かって言いたくなるような・・・。

投稿: okazaki | 2007年6月25日 (月) 15時08分

野良さんの子供、大体1人しか残れません。
病気とか、天敵とかで・・・

野良の子猫との出会い、正直辛いです。
自分の無力さを、毎回思い知ります。

でも、写真を通じて、こうして共感してもらえる事が励みになります。

ありがとう。

投稿: Hoshino | 2007年6月25日 (月) 17時39分

んー、この画、いいなぁ。本当に素晴らしい。私の心にストライクって感じです。このイメージは、今後の雨の撮影で、私にとって大切なお手本になるでしょう。

投稿: kazemachidori | 2007年6月25日 (月) 22時39分

雨の降る写真、難しいですよネ。

昨日も6時間ぐらいカッパを着て撮りました。が、今日A4サイズに写真をプリントして見ても、雨の降る軌跡がプリントに再現されない。モニターでは、はっきり見えるのに・・・

あと、水鏡の水溜りテクニックを一つ。
背景を暗くする、又は、空が暗い時間又は天候を狙う。そうする事で輝度差が少なくなり波紋がはっきり写ります。

この写真の撮影時刻は18:00過ぎ。ISO640で撮ってます。
 

投稿: Hoshino | 2007年6月25日 (月) 23時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Album 17 出来ました。 | トップページ | 雨間 »