« 街明かりに浮かぶシルエット | トップページ | 脆い記憶 »

2007年7月31日 (火)

2ルクスの世界

Imgh1220

(1DⅢ+50mmF1.2  1/10sec f1.2  ISO3200 RAW DPP3)

映画館の上映中の客席の明るさ = 2ルクス

足元さえおぼつかない明るさ。

今までだったら、写真を撮ろうなんて思いもしなかった。

それが、デジタルでISO3200であれば、ちゃんと絵になる。

デジタルの絵は、漆黒の闇の中から光を探し出し、そして集めてくる感じ。

叩き出される絵は、「満月の夜、1時間以上暗闇にいた時に見えた景色」に近い。 

最新のテクノロジーに、新たなイメージが喚起される。

究極のノイズレス、EOS1DⅢ。 来月ベールを脱ぐであろう、EOS40D。

ハードは、完成の域に達した。

後は撮影者のハートとイマジネーションだ。

明かるいレンズに、重たいカメラ。

ハードワークに身体が付いて来ないのが痛い。

|

« 街明かりに浮かぶシルエット | トップページ | 脆い記憶 »

コメント

はぁ~(溜息)これがISO3200相当の絵ですかぁ、凄い!!F値1.2とDIGICⅢ最強の組合せですね。デジタルの世界は日進月歩、止まらないですね、やっと買えたカメラがもう1年後には旧モデルに・・・つい最近までマックG3(OS8.5)初期モデルを使っててウインドウズに変えたらもう新しいOSが・・・ついて行けません・・・

投稿: Taka | 2007年7月31日 (火) 21時31分

Canonもどうやら3年サイクルで安定してきたみたいですね。 実際、20Dと5Dで十分いけるし。

1DⅢ、なんかKISSデジっぽい絵なんですよ。少し派手目で。そして、日中の撮影ではカラーノイズが意外と気になり少しがっかり。(おっと、発言には注意しないと・・・)

私も、G4(OS9.2)まではマック派でした。頑張って使ってましたが、USB2が普及したのと、画像閲覧ソフトが良いのが無いのと、あまりに遅いので、ウインドウズに乗り換えました。 私は、XPで当分行きます。 

投稿: Hoshino | 2007年7月31日 (火) 23時35分

こんにちは。すごい・・暗いのに猫が・・

この記事を読んで、私も通常は暗くなると写真をやめてゴハン食べたりしてるんですが昨日はちょっと撮ってみました・・

うーんむずかしい。シルエット猫さんが撮りたいんですけど、なかなかいい場所にモデルの猫さんがいないですねー・・それに香港では夜も人が多くて・・ブツブツ 修行が足らん。がんばります。

投稿: さくらちゃん | 2007年8月 1日 (水) 07時21分

さくらちゃん、こんにちは。

どうして、アジアの夜ッぽい雰囲気に撮れてるじゃないですか。 意外と高い場所で人間ウォッチングしてる猫が多いので、屋根とか軒先も注視してみたらどうでしょうか。ネオンの傍は暖かい事も知ってるハズなんで、冬が狙い目かも。
自分でも「外出したくないな~」って思う時(寒い、雨降り、など)に頑張って出かけると、やっぱり人出も少なかったりしますよ。

チャンスは、突然やって来ます。

決定的瞬間を撮り逃がす事の無いよう、日々トレーニング積んで下さい。修行だと思ってガンバレ!

香港ネオン猫、撮りたいな~。
湾岸夜猫は、どこかもの悲しくなっちゃうんで。

投稿: Hoshino | 2007年8月 1日 (水) 14時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 街明かりに浮かぶシルエット | トップページ | 脆い記憶 »