« 暑中お見舞い申し上げます。 | トップページ | »

2007年7月28日 (土)

Album 19 出来ました。

Album19、本日UPしました。

「梅雨」「子猫」「工業地帯」をイメージして、最近撮影した写真(6月と7月)でまとめてみました。

まず、541~549。雨の中、撮影した写真です。

(No,545)フェンスを登って、(No,546)母猫が見守り、(No,547)木の枝で雨宿り。賢い、そして愛情深い母猫に、心が震えた。

550~558は、梅雨の雨間の様子を淡々と描いてみました。意識して青空を入れない事で梅雨っぽさを表現しました。

559~570は、工業地帯のねこたち。錆びた線路や、寂びた工場って、不思議とココロを揺さぶるんですよネ。

WANGAN NEKO

御覧頂けましたら幸いです。

Img_6308

(2007/07月15日撮影)

|

« 暑中お見舞い申し上げます。 | トップページ | »

コメント

こんにちわ
Album19拝見させていただきました。
心にずっしりきました。
猫達の真剣な強い眼差しに、心を打たれます。何度も何度も見返しました。
542、543ニャン太似の子を登場させていただきありがとうございます。やはりニャン太をダブらせて見てしまいます。
553はとってもさわやかできれいな写真ですね。子猫の瞳に希望を感じます。
569、せつなくて、もどかしくて、どうにもならない猫との距離みたいなものが込み上げてきます。
Hoshinoさんの写真は、映画館で3時間ものの映画を見るより、はるかに強く深く心に感動を与えてくれます。決してハッピーENDな後味はないけれど、Hoshinoさんが全身全霊で猫達と向き合って、心の通い合った一瞬の輝きがどの写真にも感じられます。
また、写真展に行きたくなりました・・・

投稿: 870 | 2007年7月28日 (土) 12時33分

写真展もWEBも、私の写真は全て無料で観れますから、、、いつでも見てやって下さい。

仕事の合間、お酒を飲み過ぎた時、嬉しい時、やるせない時、、、その時々の心境で感じ方が違うのが写真の面白いところ。 最終的には、皆さんに元気を与えられる写真であり続けたいと思ってます。 時々、ホロッとさせちゃいますけどネ。

投稿: Hoshino | 2007年7月28日 (土) 14時00分

愛って・・・
生きるって・・・・

人間はよくわからなくなります・・

この母猫・親子をみて
心が揺れる・何かを感じる事が
出来れば・・・まだ遅くない。

でも何にも感じない人間が多いから
捨猫はふえるのでしょう。

雨と心ナミダがいっしょに流れた事でしょう
hosinoさん。

アイコンタクトもできないでしょう私は

投稿: コロリン | 2007年7月30日 (月) 18時02分

昨日、Album19の子猫たちを探した。

一人も見つけられなかった。

賢い母猫は、頻繁に居場所を変える。
この木も、カラスに見つけられたみたい。

蝉の鳴き声が、何故か悲しかった。

そう遠くへは行けないはず。

また何時か会おう。

そう思うしか出来ない私。

投稿: Hoshino | 2007年7月30日 (月) 20時21分

週末からどうも風邪を引いたみたいで、睡くてたまりません(^^;)
30度を超えるかと思えば、20度じゃ…
身体がついていけませんよ~。
だから体調がマシになってから、ゆっくり拝見しようと(^O^)

ただ写すのは誰にでもできるけれど。。。
星野さんの写真には、そのどこかに必ず「Hosino印」がついてる気がします。
550の水表の世界に住むねこは、現実のねこをどう見ているのでしょうね。
553の赤トラと新緑のバランスは、Hosinoさんでなければ撮れない写真だと思います。
560のなんてことのないフェンスも、星野さんが撮ると芸術品に見えてしまう!
そして、569のガラスの向こうのねこさん…

はぁ~。今回も、堪能。ありがとうございます。

投稿: 寝子 | 2007年7月30日 (月) 22時17分

寝子さま、こんばんは。

夏風邪で具合悪い人多いみたいですよ。お大事に。

私も、土日は15:00位までは家で休養して夕~夜の4時間位の撮影で我慢してます。それが、かえっていいみたい。(なんて、自分に言い訳!)

553は、意図的に背景を白飛びさせてみました。前ボケと背景ボケをミックスして視覚を混乱させちゃう見せ方、どうも自分的に好きみたいです。 あと、水鏡。水に映る優しい景色、好きなんですよネ。

そろそろヒグラシの鳴く季節。房総方面に行こうと考えてる今日この頃の私は、夏バテ知らずです。ハイ。 

投稿: Hoshino | 2007年7月31日 (火) 00時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 暑中お見舞い申し上げます。 | トップページ | »