« sea blue | トップページ | 巣立ち近し »

2007年7月23日 (月)

工場猫 Ⅱ

Imgh1480

(2007/07/22撮影)

赤いリボンに、

鈴まで付けてもらって。

工場猫。

今日、君のねぐらを見つけちゃった。

廃車のワンボックスを利用した、キレイなお家を。

中には、沢山の缶詰がストックしてあったよ。

あっ、君には開けられないけどね。

毎日、ちゃんとゴハンももらえて、

大切に思ってくれる人がいたんだね。

君の行く末を心配してたけど、

僕も少し気が楽になったよ。

今日は、日曜日だから、あの人は来ないけど、

明日になれば、またナデナデしてくれるよ。

此処は、チョッとうるさくて、ケミカル臭いけど、

ここで暮せてよかったね。

|

« sea blue | トップページ | 巣立ち近し »

コメント

素敵なお話ですね。

最近、辛い思いをする子の話が多かったし、
我が家の近所も、猫にとって暮らしにくい
状態が多かったので、
こういうお話を聞くと、胸がジワ~ンと
温かくなって嬉しいです。

寒い日に温かいココアを飲んだような、
甘く温かい幸せな気持ち。

Hoshinoさん、どうもありがとう。
週の始めにドンヨリした天気で
勤労意欲も低下しそうでしたが、
元気が出てきました!

投稿: 猫姫 | 2007年7月23日 (月) 14時45分

チョッと気分が乗らない時は、撮影しないでオス猫の見回りを尾行します。絶対に見逃してしまうようなスポット(餌場や猫だまり)まで案内(?)してくれるんで楽しいですよ。

工場猫の場合、首輪をして野良(工場猫も野良ですけど)と間違われないようにしてるみたいです。 
やはり近隣住民が居ないっていうのが幸いしてるみたい。人間との関わりが無くては生きて行けないはずのネコなのに・・・ 皮肉ですね。

投稿: Hoshino | 2007年7月23日 (月) 23時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« sea blue | トップページ | 巣立ち近し »