« 隠れ上手 | トップページ | 置きっ放しの傘 »

2007年7月18日 (水)

荒園(コウエン)猫

Imgh0699

埋め立て地の公園でフッと気が付いた。

「そういえば、埋立地の公園の周りには、住宅が無いんだ。」

エサやり禁止のお決まりの看板も無いし、これだけの猫が暮してるのに問題化してる様子も無い。問題視する住民がいないのだから当然だけど。

逆に『動物を傷つける事は犯罪です』 みたいな行政サイドの立て看板がある。落ち葉等もそのまま残されてて、植生も豊かなんで、この季節でも臭気が全く無い。

殆ど自然に帰りつつある、人々から忘れられた埋め立て地の公園が、動物と人間にとって理想の共存環境ってのが、何か皮肉で少し笑えた。

Imgh0695

(2007/07/15撮影)

来週の23日から、キヤノンギャラリー札幌での展示が始まります。北海道の皆様、お待たせいたしました。 御覧頂けましたら幸いです。 よろしくお願いいたします。

|

« 隠れ上手 | トップページ | 置きっ放しの傘 »

コメント

こんにちは。
これは珍しいですね。水の嫌いな猫がこんな風に水たまりの中にいるなんて。
何か、のっぴきならない事情がありそうですね。

投稿: 土佐の酔鯨 | 2007年7月18日 (水) 10時41分

土佐の酔鯨さん、こんにちは。

猫の毛は水を弾かないので、基本的に濡れるのを嫌うみたいですね。でも、中には豪快な奴もいます。
補足の画像もUPしましたが、雨後の水溜りに集まるトンボを狙って水に入って来ました。写真撮りそこなったけど、上の写真の10秒後に50cm以上垂直ジャンプしました!
下は、その後の放心状態の巻きです。

この子、マタタビやら猫じゃらしやらで、いつ行っても誰かに撮られてます。きっとそっちの写真の方が「自然な表情」とか言われて、2時間観察して撮ったこっちが「不自然」に見えちゃうんでしょね。写真ってムズカシイ!

投稿: Hoshino | 2007年7月18日 (水) 13時52分

ノラの子は予想以上に思い切った行動に
出ることも多いですよね。

かなりの雨で濡れているのに、
悠然と歩いている姿を見るたび、
「野生を忘れずたくましいな」と思います。

それに比べると家猫は、
ちょこっとお風呂場で手足が濡れただけで、
すご~くイヤそうな顔で、
素早く舐めたりして(^_^;ゞ

この子もトンボを狙う後ろ姿が
精悍でいいなぁと思いました。
ポストカードになるような、
カメラ目線、可愛い子ポーズの猫は
あまり好きではないな~。

投稿: 猫姫 | 2007年7月18日 (水) 14時26分

水面に映った姿が凛々しい。

投稿: コロリン | 2007年7月18日 (水) 18時33分

猫姫さん、こんばんは。

家猫でも、子猫の頃から風呂場で水を飲んでた子は、水が平気だった記憶があります。慣れというか、当たり前なんでしょうね。外猫にとっての雨は。

色んな写真があっていいと思うし、そうじゃなければツマンナイ。猫好きさんの99/100人は私の写真じゃ満足しないだろうけど、1/100人は、私のようなスタンスの写真がイイと言ってくれる。それでいいと思う。

でも、マタタビの粉末の空容器とか、その辺に捨てていかないで欲しい。そのゴミにいつまでもスリスリしてる子を見て、悲しかった。

私の写真は、望遠レンズの使用が多い。個体によって違うが、(焦点100mm~300mm)距離を置かないと自然な表情が撮れないと思うから。
それでもカメラを意識してる訳だから、自分の家で、家猫を撮る自然さには絶対かなわない。
だから、はっちゃんやカテキンが受けるんだと思う。

投稿: Hoshino | 2007年7月18日 (水) 23時01分

コロリンさん、こんばんは。

動【水面の波紋】と、静【波紋が到達する前の水鏡に映った猫】の対比が撮ってみたかった。

トンボを捕まえる(捕まえそこなう)シーンは惜しくも撮り損じたが、思いがけずにイメージをまた一つ捉える事が出来て、うれしい。でも、悔しい。

またいつかきっと。

投稿: Hoshino | 2007年7月18日 (水) 23時10分

こんばんは。
同じ野良猫を撮影するのにも、いろんなアプローチがありますよね。
同じ被写体でも多様な感じ方があり、表現も違う。
だから写真は楽しいです(^^)
おっしゃるように、皆が同じだとつまらないです。
Hoshinoさんが、1/100人でしたら、私は1/1000人ぐらいですか。
ではまた。

投稿: 蔵人 | 2007年7月18日 (水) 23時22分

蔵人さん、こんばんは。

猫写さん、結構沢山いるんですよね。海の日なんか、自分が猫撮るのも忘れて、猫写さんウォッチングしてたぐらいです。本当、色々で面白かった。「左手でネコジャラシ、右手でシャッター」なんてツワモノから、「いきなり1Dで5枚位淡白に撮ってサヨナラ」とか、「三脚+巨大なカメラバックの重装備」さんとか装備やスタンスも色々。

そんな中、缶ビール片手にベンチでボンヤリ人が引くのを待ってる私は、やっぱり1/10000の口かもネ。

まー、趣味ですから。自分が楽しいのが一番です。ハイ!

投稿: Hoshino | 2007年7月18日 (水) 23時47分

ずぶずぶ水溜りに入っていくのを珍しいと思いましたが、やっぱりシッポが濡れるのは嫌みたいですね(苦笑)やっぱ猫だわって感じがしますね。
銀座に写真展を見に行ってから数ヶ月、最後の仙台にもう一度見に行きたいなと、思っています。いつ行けるか予定を立てないと…!Hoshinoさんの猫写真を良いと思う1/100ですよ~ちょっと中毒気味ですから^^

投稿: 雪猫 | 2007年7月20日 (金) 18時24分

足が濡れるのは、マァしょうがないって感じなんですが、顔や尻尾はイヤみたいですネ。

しかも、夢中になってるので水に入ってるって認識してないみたいで、自分の濡れた肉球をペロペロしながら「何で???」みたいな顔します。観察しながら、一人でニヤニヤしながら写真撮ってる私は、かなり怪しいかも。

大阪の展示で「アメリカの家族の誕生日プレゼントに写真を送りたい」と購入してくれたアメリカ人の方がいらっしゃいました。
所要のついでに札幌の展示を再び見に行っていただけるとメールくれた東海の方もいらっしゃいました。
何万人もの人には、見てもらえなくても、こうした一つ一つの事が、とてもシアワセ。

ありがとう。

投稿: Hoshino | 2007年7月21日 (土) 09時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 隠れ上手 | トップページ | 置きっ放しの傘 »