« 海を越えたWANGAN NEKO | トップページ | キヤノンギャラリー札幌展、終了いたしました。 »

2007年8月 2日 (木)

表現者の苦悩

「イメージを表現するには、写真は極めて困難な手段だ。」

「世界百名瀑」写真展 白川義員氏 のコメントにうなずいた。

アーティストがそのイメージを具現化するのはとても困難な作業だ。 写真であっても同じ。 イメージを1回のシャッターで映像化するのは難しい。

そして、ふと思った。

「そのイメージは観客に伝わっているのか?」

白川義員氏と言えばマッド・アマノ氏とのコラージュ写真騒動(*注)を思い出す。デジタル合成なんて夢の技術だった時代、写真を切り貼りして新たなイメージを想像してた時代があった。

今でこそデジタル画像でのコラージュなんて日常に溢れていて、普通に受け入れられてるけど、、、当時は「表現のボウトク」ぐらいな感じだった。 

今、白川義員氏の作品のスケールの壮大さが、デジタルコラージュ世代に伝わってるだろうか? とても心配だ。

月光に浮かぶ滝、月光が創造する虹。遠雷。 

どれもが1回の露光によって1枚の写真として映像化されている事の驚異。 1回の露光が数時間にもなる。 何週間かかっても、何枚かしか撮れない。 壮大な構想と下調べ。 膨大な時間。 撮影に携る者であれば、その想像を超えた執念に、恐怖心さえ覚える。

「合成でしょう、モデル猫さんの。」

私の写真展でのヒソヒソ話を思い出した。人は時として、自分の想像を超えるイメージを拒絶する。

今度の白川義員氏の相手は、目に見えない「イマドキの写真事情」。 悪魔のように白川氏の真実に対して牙をむいてる気がしてならない。 

(*:マッド・アマノ氏のコラージュ作品ももちろん芸術です。1971年当時、著作権に関しての認識がまだゆるい時代に、著作権裁判として広く知られた一件です。)

Imgh1032_2

(2007年07月21日撮影)猫の写真,猫写真

|

« 海を越えたWANGAN NEKO | トップページ | キヤノンギャラリー札幌展、終了いたしました。 »

コメント


苦悩がつづくと
どうでもよくなる・・
どうでもいいと想うと・・・
力がぬける・・・・
ぬけがらの自分をみつめる・・・
よしもわるしも・・また・・
自分をはじめる。

このバイクの猫ちゃん力がぬけてますね
かわいい。

投稿: コロリン | 2007年8月 2日 (木) 17時56分

写真をやってない人にはなかなか理解されない事もあるようですね。これだけデジタルが大衆化すれば何でも合成で済む。僕は印刷会社(シルクスクリーン・インクジェット出力etc.)に勤めていますがデザインの人たちはフォトショップをグラフィックソフトだと思ってて(間違いじゃ無いけど)写真現像ソフトだという認識は無いみたい。フォトショップとイラレはセット。街で見かけるポスターや看板もほとんどがレイヤーでコラージュされ「簡単に多重露光の絵が出来るもんな~」と言ったら「何ですか多重露光って?」そんな感じ。時間をかけて何度もそこへ足を運び撮った貴重な1枚の写真が一般大衆化されたデジタルというお化けに潰されていくような気がします。

投稿: Taka | 2007年8月 2日 (木) 22時10分

思わず「ニャン太!」と声が出ました。
顔も態度もそっくりです・・・

ニャン太、元気にしてますよ。
みなさんの応援のおかげです。

お暇な時、また逢いに来てやって下さい。

投稿: 870 | 2007年8月 2日 (木) 22時12分

コロリンさん、こんばんは。


撮れば撮るほど遠ざかる終わり。

見れば見るほどわからなくなる真実。

もう止めようかと思うと、

止めるなとばかりに出逢いがある。

逃げたって、目を背けたって、

最後は自分に帰るしかない。

写真家はこうして、永遠の旅を続ける運命。

それは、とても幸福な試練。


たまには、こういう写真も撮ってますよ。

投稿: Hoshino | 2007年8月 2日 (木) 23時11分

Takaさん、こんばんは。

最近気付いたんですが、デザイナーさんが作ったレイヤー写真の方が自然に見えて、作り込んだ構図の1ショット写真の方が不自然に見える。 自分の経験と知識の常識範疇で自然な画像を作ってるから(ましてや、仕事であれば余計に)、見る方も安心して見られる。 ところが、究極の1ショット写真は、過去の規視観を超えた完成度が有る。 ありえない状況の写真は、逆に合成っぽい。

まぁ、結果的に写真として良ければ、レイヤーの有無なんてどっちでも良いんだけどネ。

グ○○リー・コ○○ール氏のお台場での展示が、演出写真だと気付かない人が多いのを知り、「不自然な自然」「真実の不自然」の怖さを感じてます。

投稿: Hoshino | 2007年8月 2日 (木) 23時45分

870さん、こんばんは。

いつも見てますよ、ニャン太とくらら。(基本的に皆さんの所に足跡残して無いんで、、、ゴメンナサイね。)

ニャン太もだいぶ野良っぽく凛としてきましたね。(これって喜んで良いのか複雑ですが。)

猫は、風評ほど物覚えが悪く無いんですヨ。一度でも怖い思いをさせた人は絶対忘れない。 置き餌を870さんが片付けてくれるだけでも、大きな進歩だったと思いますし、次の恋の季節までは、ひとまず安心ですね。 

投稿: Hoshino | 2007年8月 3日 (金) 00時12分

こんにちは!
すてきな写真いつも見させて頂いています。
バイクの猫ちゃん、かわいいですねー!
体はどう乗っかってたんだろー。
力の抜けた感じがほわわんとします。

投稿: Camel! | 2007年8月 3日 (金) 01時33分

Camel!さん、こんにちは。

いつも来る、釣りのおじさんのニオイがするのでしょうネ。魚を貰ってる夢でも見てるのかな。

シートの上に、完全に大の字になって寝てます。スーパーマンが空を飛ぶ感じです。

自然な姿を写す為に(起こさない様に)、400mm相当の望遠レンズでこっそり撮りました!

投稿: Hoshino | 2007年8月 3日 (金) 14時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 海を越えたWANGAN NEKO | トップページ | キヤノンギャラリー札幌展、終了いたしました。 »