« ハンター | トップページ | 台風接近 »

2007年9月 4日 (火)

カワイイ子猫の写真

Imgh2541

家猫だったら

生後半年経ってもあどけない顔してるのに

君は、乳離れしたばかりなのに

もう随分と大人びた顔するんだね

そりゃ~フワフワも、モコモコもして無いけど

大きな耳や、清んだ眼差しは、子猫のしるしだし

グラビアやブログで脚光を浴びることなんか無いけど

やっぱり、君は可愛いよ

|

« ハンター | トップページ | 台風接近 »

コメント

こんにちは。
今回の写真もグッときます。
そして写真に添えられた文章もとても素敵です。
カワイイけれど、大人びたその眼差しがなんだか切なく感じるのは私だけでしょうか?
本当に素敵な写真です。

投稿: 紫陽花 | 2007年9月 5日 (水) 10時49分

同じように、この世に生を受けても
高い値段でペットショップで売られ、
高級なご飯、恵まれた環境で
その一生を過ごす子もあれば、
満足なご飯も食べられず、
寒さ、暑さに耐えながら、
短い一生をおくる子もいる。

コレって、人間にもあることですが、
わかっていても、仕方がなくても
その理不尽さに、切なくて、悲しくて
憤りを感じざるおえないです。

せめて怖い思いや、辛いことが
少ない一生であって欲しいと祈るだけです。

いつも仔猫や野良猫を見るたび、そう思います。

投稿: 猫姫 | 2007年9月 5日 (水) 11時09分

紫陽花さま、こんにちは。

かわいい猫、面白い猫の写真は、世の中に溢れてますよネ。
確かに「カワイイ」んですけど、それ以上は何も無い。
趣味や、親バカで皆さんやってらっしゃるんで、それはそれで素晴しいと思う。
でも、そうじゃない、こういう写真を求めてる人達も沢山いるはず。

たった1枚の写真の向こう側に、色んなイメージが膨らむ。マイナーでもいい。そんな写真を目指してます。

彼との第4章、楽しみにしています。(いつも足跡残さないでゴメンナサイ)

投稿: Hoshino | 2007年9月 5日 (水) 13時56分

猫姫さま、こんにちは。

人間も、動物も、植物も、自分の環境を選んで生まれては来れません。

でも、人間は自分の境遇を言い訳にして生きて行くことが出来ます。少ないですが、自分で切り開く人もいます。

動物は、その環境を恨む事が出来無い。って言うか「恨む」っていう感情が無い。 そして、境遇を受け入れる事しか出来ない。

時間は、みんなに平等に与えられてるはず。
だけど現実、家猫と、外猫の一生は、あまりにも時間に差が有り過ぎる。

だからその分、野良猫は時間を凝縮して、生懸命生きてるんだと思いたい。

投稿: Hoshino | 2007年9月 5日 (水) 14時11分

急いで大人にならなければならない子猫。
でもお母さんや兄弟達と一緒の時は、無邪気に遊んだりするんでしょうね。
これから精一杯生きて行ってくれる事を祈ってます。

私は1ヶ月程前ノラの子猫を保護したのですが、最初険しかった顔が数日で柔らかくなっていったのが印象的でした。
その子は母親ともはぐれ、前脚に障害を抱えていたので独りでよっぽど不安でひもじい思いをしていたのでしょう。
今では我が家で一番大きな顔をしていますけどね!!

投稿: makudeco | 2007年9月 5日 (水) 14時48分

makudecoさま、こんばんは。

前足にあれだけ障害があったら、もう何日か保護が遅れたら、、、「ありがとう」しか言葉が見つかりません。

ちびちゃん、確かに、優しい顔になりましたね!

野良の母も、自分が生き延びる事で精一杯。最終的には1匹しか育てられないようです。弱い子は、母猫について行けない子は、、、此処がサバンナだったら自然の掟ってところでしょう。でも、ここは都会。しかも、野良猫は野生動物じゃない。

無邪気にじゃれ合う姿を見てると、真実は、そして、幸せなのは、どちらなのかと複雑になる。

書店やショップに並ぶカワイイ子猫達と、今目の前にいる光の当たる事の無い可愛い子猫達と。

投稿: Hoshino | 2007年9月 5日 (水) 18時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハンター | トップページ | 台風接近 »