« *お知らせ* | トップページ | 2 »

2007年10月11日 (木)

バック

Imgh6861

バツが悪いのだろう。

「見たな!」って顔してるし。

見てたよ。

そりゃ~私に気付かれる位の物音を立てたら、逃げちゃうさ。

小鳥を捕まえようと勢いよく登ったのはいいけど、、、降りる時はヘッピリ腰でカッコ悪いし。

クールなくせに、ちょっとドジ。

そこが魅力なんだよな~。

|

« *お知らせ* | トップページ | 2 »

コメント

はじめまして。
ココフラッシュからこちらに来ました。

見ているとなんか口元がゆるんでしまう素敵な絵ですね。
黒ブチくん、木の上からボヤキ声が聞こえてきそうです。(∩.∩)

自分も大好きな野良猫を撮影していますが
こんな絵は中々切り取れなくて苦労しています。

また、見にこさせてください。
よろしくお願いします。 m(_ _)m

投稿: ピュンピュン丸 | 2007年10月12日 (金) 18時31分

また写真展「東京湾岸のねこたち」2007 WEB版拝見させてもらってます。W15は花火写ってますがこれはバルブで猫にはスピードライトをあてての撮影でしょうか?絞られてるか無限大か・・・同じくW34も・・・参考のために良かったら教えて欲しいです^^; 個人的に一番印象に残ってるのはw37.低い空と雲と雪と黒い猫と。この寒色が厳しい冬のイメージを表現していて好きです。

投稿: | 2007年10月12日 (金) 22時21分

ピュンピュン丸さま、御覧頂きありがとうございます。
私もCanonA-1、壊れるまで使い倒し、いまではデスクサイドに飾ってありますヨ。製造から四半世紀、電子基盤の劣化で殆ど完動する個体は無いようです。上手く動くといいですね。(電池が2~3日で自然放電するようでしたら残念ながら復活は無理でしょう。)

野良猫の撮影は楽しいことばかりじゃないし、身近な存在だからこその難しさがありますネ。空みたいな感じかな。普通でありすぎるから、普通の写真になっちゃう。その辺に、ヒントがありますヨ。

これからも、時々遊びに来て下さい。

投稿: Hoshino | 2007年10月13日 (土) 00時41分

W15:EOS20D+Σ30mmF1.4 15sec F9.0 (ISO400)、 距離は40メートル位でしょうか。ほぼパンフォーカスです。光源は懐中電灯をほんの一瞬当てました。

W34:EOS Kiss DN+17-85mmの17mm付近、1/2sec F4.0 ISO800 内蔵ストロボ使用です。本館の「東京湾岸のねこたち、物語の始まり」の冒頭に書いたシーンです。ピントなんてとても合わないんでMFで3メートルにして廃家具の上に置きノーファインダーで撮りました。17mmですから、こんないい加減な撮り方でもピントが合っちゃうんです。この1枚と、本館の日中シンクロした1枚、計2枚以外はストロボは使ってません。

一眼レフって優秀なファインダーが付いてるんでついつい「機材に振り回されがち」ですが、「レンジファインダー機だと思ってノーファインダーで撮ったっていいじゃない」ってのが私の考えなんです。とにかく「写してみる事に意義がある」って感じです。
ついでにW17,24,28 もテキトーピント、ノーファインダですヨ。あと、21なんか300mmF2.8開放で1sec,ノーファインダーです。撮ったその場では消そうとしたようなアンダーでボケボケに見えた画像でした。自宅PCで見たらのけぞりましたよ!それ以来、その場で消去はしない事にしました。

W37は、此の3年で唯一関東に雪が積もった日なんですヨ。もちろん彼にとっては初めての雪。今でも元気にしてます。オヤジになったけど、、、

投稿: Hoshino | 2007年10月13日 (土) 01時24分

ありがとうございます。
A-1、修理予算が捻出できそうなので
そろそろキャノンのSSに持って行こうかと思います。
電池の件、了解しました!・・・
なんとか復活してくれると良いのですが・・・楽しみです。
野良猫撮影ってほんと一筋縄ではいかないなぁと思います。
Hoshinoさんのような絵が少しでも切り取れるようにがんばります!
(自分のはほとんど偶然の産物なので・・・)
お言葉に甘えて、また顔を出させていただきます!

投稿: ピュンピュン丸 | 2007年10月13日 (土) 10時53分

カメラってタダの道具じゃないと思うんです。「思い入れ」がある機材じゃなければ撮れない写真は多い。
ピュンピュン丸さまの↑の感じの表現だと「動いてない」ようですね。だとすると、もう交換部品も無いので、、、
自分の部屋に「写真」や「機材」を飾ると不思議と「何かの存在」を感じます。もしダメでも、しまわずに見える所に置いてあげて下さい。
作画に詰まったりした時、フッとチカラをくれますよ。

投稿: Hoshino | 2007年10月13日 (土) 13時55分

Hoshinoさん、丁寧な説明ありがとうございます。どうもストロボ使うと不自然な感じがして使うのに抵抗がありました。でもありなんですね(^^)W21確かに観た瞬間「うわっ!」って思いました。サンニッパに懐中電灯他機材持たれての撮影かなりきつそうですね、食欲の秋いっぱい食べて体力つけて猫撮り励みましょう!♪

投稿: Taka | 2007年10月13日 (土) 19時37分

いつもサンニッパ持ち歩いてる訳じゃないですけどネ。たまに「これ!」って決めた単玉をレギュラーの4本に+して持ち出します。レンズによって新たなイメージが湧く事も多いんで。

ストロボは、出来れば使わない方がいいですね。特に夜は「猫の目」に悪いし、やはり不自然ですから。与えられた条件の中で、創意工夫して撮るのが一番楽しいですからね。

猫写の季節到来。お互いせっせと撮影に励みましょう。
って、私は年内は土曜出勤。その上、帰宅は毎日22:00過ぎなんです。あ~疲れた、、、、明日は寝て曜日かな、、、

投稿: Hoshino | 2007年10月13日 (土) 20時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« *お知らせ* | トップページ | 2 »