« 主張 | トップページ | 誤解 »

2007年10月30日 (火)

確信

Imgh7677

「5日ほど前から見かけないな、、、」

ジローさんがあの子の話題に触れないので尋ねてみた。

「・・・きっと貰われてったんだよ。」

ありがとう。

そうじゃない事位は、大体察しが付きますよ。

いつまでも先週と同じ場所でただ座っている貴方は、一体、いくつの十字架を背負って生きて行くのですか。

今日は早々に別れを告げ、

いつもよりも激しい衝動に任せて、

狂ったように一日中シャッターを切り続けました。

1000枚撮っても、まだまだ撮り足らない。

何もしてあげられないけど、逃げる事も出来ない。

今の私には、この生き方しか出来ない。

今の私に出来る事だけでも、一生懸命やって行こうと思った。

「まだ名前付けてなかったのにな、、、」

ありがとう、ジローさん。

ありがとう、チビ。

|

« 主張 | トップページ | 誤解 »

コメント

命と触れるは
まづ命の負の部分に触れることと思います
その十字架を背負わなければ
その場所の命は
見えてこないのかもしれませんね
ぼくもよく亡骸を届けるお寺の住職に
「あなたはなんの因果で負を
背負うのだろうね」とよく言われます
Hoshinoさん
でもあなたはどうか煮詰まらずに
あなたの素敵な感性で命をとり続けて
やってくださいね

投稿: kochi | 2007年10月30日 (火) 09時42分

林の中の空き猫缶なんか普通。気が付いた者が片付ければいい。そんな輩に傑作が撮れた筈もないし。
捨てられた「またたび」の空容器に無邪気にじゃれる猫を見た時には、さすがにそこで写真を撮った心無き人に対する憤りを覚えた。虐待にも等しいじゃないかと。

でも、今はそんな事どうでもいいと思える。
他人は他人。
私だって、同じ様にして写真撮ったっていいんだし。
別に私に害が及ぶ訳でもないし。
イチイチ腹立てたって空回りするだけだし。

私は誰かと競争してる訳ではない。
宗教家でも思想家でもない。
仕事を依頼されて、締め切りに追われ、苦し紛れに撮ってる訳でもない。
誰かの為になんて、そんな偉大な人間でもない。

「自分の生きてる証」

それが今、たまたま「猫の写真を撮る」って行為なだけ。
そう思うようにしてる。
そうじゃなければ、とても撮り続けられないから。

最近自分の心地イイ距離を超え「深追い」しすぎてたのかもって思う。

距離は大事ですね。

それが判っただけで大分楽になりました。

ありがとうございました。

投稿: Hoshino | 2007年10月31日 (水) 01時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 主張 | トップページ | 誤解 »