« 物語は終わらない | トップページ | ねむり »

2007年12月19日 (水)

ヒゲ

Imgh1149

折れてたり 曲がってたり

すり切れてたり 不揃いだったり

野良のヒゲはカッコイイ

ヒゲはその猫の人生を物語ってる

「生きてる、それだけで奇跡なんだ」

|

« 物語は終わらない | トップページ | ねむり »

コメント

第17回「林忠彦賞」候補作品にHosinoさんの猫達が推薦されて、とてもうれしいです^^まずは、おめでとう御座います!もちろんこれからの選考にも残って欲しいです。なんか皆さんもでしょうけど、素敵だと思った作品が賞を取ると自分の事の様にうれしいです。年末ばたばたと気ぜわしい中、元気を頂いた気持ちです。

投稿: 雪猫 | 2007年12月19日 (水) 19時17分

同賞の過去の受賞作は、地元に密着したテーマでコツコツ撮り貯めた作品が多いのが特徴でしょう。
過去一度だけ動物写真が受賞しています。「サバンナが輝く瞬間(とき)」井上冬彦さんです。
http://www.fuyuhiko.jp/index.htm

「猫関係の出版社」からは全く相手にされなかったのに、「写真関係」の選考委員会からお声が掛かるなんてネ。最初お電話頂いた時も「何かの詐欺勧誘」じゃないかと思った位ですから、、、アハハ。

まぁ、「猫写真」じゃなくて「動物写真」だったんですね。私の写真は。エントリーされただけで十分。元々出品する事さえ考えて無かったんだから。
でも、自分の「道」が間違って無かったのがわかって嬉しかったのは本心です。
2009年も(間に合えば2008年)、ブレずに難関と言われるギャラリーで写真展をやらねば!って思いました。

応援して下さった皆様には、感謝いたしております。ありがとうございました。

投稿: Hoshino | 2007年12月20日 (木) 09時17分

そうですね、野良ちゃんは生きているだけで奇跡です。
野良猫ちゃんはとても頭がいいですし、生きるすべを知っています。
本当に見習わないといけないのは人間なんだと、感心してしまいます。

投稿: めんま | 2007年12月21日 (金) 08時21分

当たり前の事が、当たり前じゃ無くなって初めて「当たり前」の有難さに気付く。人間なんてたいしたこと無い。
左右同時に肺炎になって入院した時、苦しくて痛くて、眠ってしまったらこのまま目覚めないんじゃ無いかなんて思った。それでも、やっぱり朝はやって来た。
その時、生きてるってだけでもシアワセなんじゃないかと、ニコライ堂の鐘の音を遠くに聞きながらシミジミ思いました。

投稿: Hoshino | 2007年12月22日 (土) 13時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 物語は終わらない | トップページ | ねむり »