« 迎春 | トップページ | 風雪に耐えた白 »

2008年1月 2日 (水)

ささやかな喜び

退屈な正月を抜け出して、3ヶ月ぶりにいつもの場所に行ってみた

約束の場所、約束の時間に

彼は一人で待っていた

兄弟で一番オットリで心配だったのに

少しだけ大きくなった君だけが待っていた

逞しいのは君だけじゃない

今日もあの人は来たんだね

傍らにそっとカリカリと水が置いてあったから

「ほら、ここに置いてあるよ」

いつもより少し早めに来てくれたんだね

いつまでも約束の方向を見つめる君に教えてあげた

ひたすら食べて、満足げな君の不意を突いてそっと抱きしめてみた

「冷たい、、、」

その場にうずくまって動けなくなってしまった

不意に枯れ草のシェルターが目に入った

しゃがまなかったら到底見つけられない程、さりげなくしつらえられてた

泣きたくなった

そっと彼のお尻を押して、中に入れと促した

今日は珍しく風が無いから

ここでも十分初夢を見られるだろう

おやすみ

Img_8931

|

« 迎春 | トップページ | 風雪に耐えた白 »

コメント

明けましておめでとうございます。
旧年中は、星野さまにいろいろなことを教わりました。
感謝致しております。欠かさず拝見させて頂いておりました。
奥様、ご退院されたとのこと。気にかかっておりましたので、
ほんとうによかったです。また、「林忠彦賞」候補に推薦され、
星野さんの作品がちゃんと評価されたこと、ほんとうに嬉しいです。
おめでとうございます。
今年も作品が拝見できることを、とても楽しみにしております。

こちらは、年末から雪が降りました。昨日、猫たちの様子を
見て参りました。積雪があったのですが、一日、晴れていましたので
元気に雪の上を歩いていました。もう数年冬を越してきている子たち
なので、厳しい環境を乗り越える術を体得している逞しさがあります。
そんな姿をみるにつけ、愛おしさが募ります。

星野さまが昨年の1月24日に書かれた記事、ずっと気にかかっていました。
『北国そだち?』の記事です。
足が冷たい時に、招き猫のように片足をあげている姿。
実際に、昨日、みんなそんな仕草をしていました。
そっと手を握ったら氷のように冷たくて胸が締め付けられました。

投稿: sana | 2008年1月 3日 (木) 11時41分

とても暖まるお話ですね。
野良猫ちゃん達は厳しい生活の中、暖かいひとときを貰うのが精一杯。
でも、それが彼らにとって幸せなのですよね。
暖かい場がある、それだけもうれしいのに、カリカリとお水もある。。。
暖かいなぁ。。。

投稿: めんま | 2008年1月 3日 (木) 18時08分

湾岸の猫ちゃんなんでしょうか。真冬の潮風は厳しいですよね。とにかく、無事に春を迎えてほしいです。
昨年からお写真を拝見させていただいております。会社に着くと「WANGAN NEKO」をチェックするのが日課です。(笑)
今年も素晴らしい猫写真を楽しみにしております!!

投稿: nori | 2008年1月 3日 (木) 22時49分

sanaさま、明けましておめでとうございます。

そうなんですよ。片足ずつ上げるんですよね。猫って雪でも平気。あの童謡じゃ「猫はコタツで丸くなる」ってなってるけど、そんな事無い。「雪晴れにせっせとマーキング」ってとこかな。

そうそう、冬のアウトドア撮影って知らず知らずの内に体温が下がってます。「待ち」「激しく動く」の繰り返しなんで上着のチョイスが難しい。「寒い」って思ったときにはもうかなり体力を消耗してますから、大げさな位の格好が良いですよ。

私なんか雪山登山並みのダウンですから。益々巨大化して、猫にビビられまくってます。

昨日、私のメインのエリアを一巡して来ましたが、どこも「2~3年前より手厚く」されていました。野性味は薄れて来ましたが、センチメンタルになってた3年前の私の「思いこみ」とは裏腹に大半の子が元気でした。嬉しかった。(写真的には難しいですが・・・)

なので、暫くは「触れない」猫達を探して湾岸を彷徨うつもりです。都会の無表情・無個性な「フェンス・壁」絡みにあえてテーマを絞って。難しい課題ですが、、、

投稿: Hoshino | 2008年1月 4日 (金) 00時54分

めんまさま、こんばんは。

この子、最近触らしてくれる様になったんです。オスの子猫って、独りになると急に淋しがりやになるみたいです。昨日は遂に膝の上に乗って来ました。最初は甘えるんですけど1分位すると「こんな事じゃイカン!」って感じでピョンととんでっちゃいます。そんな「気高さ」が益々愛しくて、セツナイ。

投稿: Hoshino | 2008年1月 4日 (金) 01時05分

noriさま、こんばんは。
いつもご覧頂きありがとうございます。

この子、湾岸の猫です。昨年春の子猫です。でも未だに幼児体型。あまり大きくなれないみたいです。

この3日程は、風も殆んど無い穏やかな正月でした。風さえなければ、湾岸は2℃程は温かいんです。この子は大丈夫。母猫もこの過酷な場所で何冬も越してますから。それに「毎日来てくれる人」もいますから!

投稿: Hoshino | 2008年1月 4日 (金) 01時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 迎春 | トップページ | 風雪に耐えた白 »