« 手強いライバル | トップページ | 忘れえぬ記憶 »

2008年1月11日 (金)

黄昏時

Imgh2372

|

« 手強いライバル | トップページ | 忘れえぬ記憶 »

コメント

ちゃかちゃか走る虎猫くん。
小さい子のように見えますが、実際は?
ちんまりした子も意外に年の野良猫さんていますよね。
厳しい世界で生きているせいか、人をあしらうのも上手な子もいたりして、猫は飽きないです(^0^*)

投稿: めんま | 2008年1月11日 (金) 08時18分

実際は多分4~5歳位かな。
2年程前に初めて会った時、既に母親でしたから。

私は、野良さんを観察し始めてまだ3年位なんですが、大体2~3歳位の頃が一番大きいみたい。 後は、少し小さくなる。 多分、それぞれの環境(食料事情)に応じた大きさになるんじゃないかな。 だから頭や耳が大きく見えるんで一瞬若猫と見間違うんです。(何の裏付けも無い私の見解ですので、、、気のせいかも知れませんがあしからず)

私は、あまり大きくならないサビ猫や、若い茶トラがスキなんですが、湾岸の猫は巨大化する「白黒」が何故か多いんですよ。

投稿: Hoshino | 2008年1月12日 (土) 00時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 手強いライバル | トップページ | 忘れえぬ記憶 »