« 写真展のご紹介 | トップページ | 南風 »

2008年2月28日 (木)

至福の時

Imgs1017

(EOS1DsⅢ EF70-200mmF2.8LIS ISO200 1/125sec f11 RAW DPP3 高輝度側階調優先)

キヤノンの1DⅢ以降に発売されたカメラ、全ての機種でA/D変換を14ビット処理すんるですよ。40Dはもちろん、今度発売される入門機のKissDX2でさえも! 残念ながら他社の今春発売の機種は画素数UPが優先されて12ビット処理なんですよ! あのニコンD300でさえ、通常は12ビットで、14ビット処理は選択項目なんですよ。 しかも14ビット時は、連写速度が秒間2.5コマに大幅ダウンしちゃうんです。(選択可能なだけでも良心的ですけどね。) キスデジX2は常時秒間3.5コマ! キスデジ恐るべし!

この様なシーンでは、12ビット処理だと上手くトーンがつながらないんです。特に太陽やその周辺が不自然になっちゃう。 画素数や秒間何コマ撮れるかってのも重要だけど、写真ってトーン(階調)ですよね!

|

« 写真展のご紹介 | トップページ | 南風 »

コメント

こんばんは。

さすが2000万画素という感じでしょうか?
私も1Dを酷使してきたので箸休めで40Dを使いだしましたが
なかなかこの40Dのクロスセンサーは使えるって感じでした。
ただこの高輝度側・階調優先をonにした時の絵が
全体的に絞まりがないというか、
フラットな絵って感じがするんですがイカガですか??
あと1DsIIIの場合、NRをONにすると撮れる枚数は何処まで減るんですか?
40Dだと74枚が6枚というサギみたいな枚数になります(JPEG Lで)(笑)

投稿: RETSU | 2008年2月28日 (木) 23時07分

RETSUさまこんばんは。

40D、JPEGも14ビットから生成してるのを考えればNRONで6枚は(カメラの価格から考えて)凄いんじゃないでしょうかネ(?)。キヤノンは商売が上手いんだかヘタなんかわかんないメーカーですよ。40Dやキスデジで14ビット処理してスペックを落としてる。カタログ的には他社に比べ不利なのに。かと言って12ビットより決定的に絵が良いかといえば、そうでもないし、、、ペンタックスなんてK20Dは(K10Dは22ビットが売りだったのに)こっそり12ビットに戻してるし!

1DsⅢ、NRをONにするとJPEGでもRAWでも連写は2枚迄です。2枚ですよ!でも0.5秒も待たずにまた2枚ずつはエンドレスで撮れますから、感覚的には電動巻上げの中版カメラに近いかも。(OFFだとJPEG56枚、RAW12枚ですからある意味40Dの方が偉いかも)
ちなみに、1DⅢだとNRONで28枚撮れます。(OFFだとカード一杯になるまで撮れますから微妙ですネ)

私はRAWしか使わないんでNRはOFFです。(かと言って現像時もISO800まではノイズ除去はしませんけど)

「高輝度側・階調優先」、確かに葉っぱの反射した感じや雲の高輝度部など本来飛んしまうトーンが出てくるんで確かに一見フラットですが、私の使用感だと「グレー~黒」のトーンカーブは寝ないんで常時ONにしてます。
好みにもよりますが、私はDIGICⅢの硬さが気になるんで、「忠実設定+高輝度側・階調優先」のネガカラーフィルムのような濁った感じが気に入ってます。

投稿: Hoshino | 2008年2月29日 (金) 00時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 写真展のご紹介 | トップページ | 南風 »