« スタンダード | トップページ | 風邪 »

2008年2月17日 (日)

春を待つ

Imgs1221

「この子、毎日新鮮な魚を食べてるんですか?」

「・・・エサ代も安くないんだよ。」

運良くおじいさんの家に転がり込んだこの子は、毎日カリカリを貰ってるそうだ。

「時給に換算したら300円位だよ。燃料は1500円は掛かるし。これじゃ浜でぼんやりしてたほうがマシさ。」

今は、ボラなどの安い魚しか入らないそうだ。

「山に藤の花が咲く頃になんないと、漁はダメだよ。」

現実は厳しいみたいだ。

此処も、人間と猫が「夢物語」のように暮らしてる漁村じゃないけど、、、

おじいさんにとって「ニャンコ」は大切な存在。

浜を自由に駆け回るこの子を、夕闇の頃になると探して廻ってるおじいさん。

こういう光景って、ありそうで無い。

「普通」が一番良いんじゃないかなって私は思う。

|

« スタンダード | トップページ | 風邪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スタンダード | トップページ | 風邪 »