« 空飛ぶ猫? | トップページ | 写真展のご紹介 »

2008年2月25日 (月)

残照

まだまだ低い太陽。

貴重な陽だまりで、ゴハンを貰ったばかりの野良さんが顔を洗ってました。

彼は運良くこの廃屋で暮らしてます。

Imgs1381

子猫の季節が来ました。

外で猫を撮る者にとっても試練の季節です。

『子猫を捨てる事、それはどういうことか』

野良として生まれた子でさえ、生き残るのは至難なのに、

「捨て」子猫の運命は・・・

運良く道端で拾われる子なんて稀有。

恐れ、疲れ果て、物陰に潜み、大抵は見つけても貰えませんから。

世の中に数多ある元捨て猫の美談は、『宝くじの1等に当たった位ラッキーな子猫の物語』である事を知って欲しいです。

|

« 空飛ぶ猫? | トップページ | 写真展のご紹介 »

コメント

昔、旅先で路側帯に捨てられた子猫たちがトレーラーにひかれ、惨いことになっていました
一匹だけ助かっていたので、近隣の住宅を周り
もらってくれる心優しき方へ託しました。
捨てられた子猫の運命・・・命を何だと思ってるのでしょうかね、
自分がそうされたらどう思うか・・・

アルバムご教授ありがとうございました。
まだまだ下手ですが、
今度は動きのあるものを増やして行きたいと思います

投稿: ロメオ三世 | 2008年2月25日 (月) 17時46分

こんばんわ。仔猫・・・野良の仔をファインダー越しに見ながらシャッターが押せず、こっちが感情的になって何だかこみ上げてくるものがあるんですよね。可愛いさ?不安?そして鋭い目で僕を睨む母猫。撮ることを許してもらえないんだって思うとシャター切れない時があります。「ごめん、ちょっとだけだから」なんて思いながら切るとシャッター音に反応してストレス与えたりして・・・

HP、スライドショーのむずかしさひしひしと感じています。セレクトした写真を数点貼り付けて好きなのを観て下さい。っていうのは観る側が主だから選んで観てもらう事が出来ますがスライドショーはこっちが主導ですからつまらない写真でもこっちペース。ストーリー性の無いスライドショーなんてただの押し付けになってしまうから・・・僕にはまだ高いハードルなのかな?って思ったりもしています・・・

投稿: Taka | 2008年2月25日 (月) 22時10分

ロメオ三世さま、こんばんは。

土曜日、こんな時化の日って猫達はどうしてるのか気になっていつもの漁港に行って来ました。さすがに防風・防砂対策された番屋には、猫達はおろか人影さえも無く改めて海に生きる厳しさを実感して帰路につきました。
ある意味「砂嵐」は雨より性質が悪い。カメラは防塵仕様とはいえ、あっという間にダイヤル類はジャリジャリ砂を咬むし、何より目を開けてさえいられないんです。

国道が混んでたんで裏道の県道に入ると、道端に子猫がいました。日向ぼっこかと思い通り過ぎると300M程先にもまた子猫がいました。

めったに海沿い以外では止まらないんですが、手ぶらで帰るのもなんなんで、撮影しようと思いカメラを構え1枚。

その瞬間、凍り付きました。どう考えても、子猫が日向ぼっこしてる環境じゃないんです、、、注意深く300mmで撮ったんですが人影に驚いた子猫は枯れた側溝に隠れてしまいました。その先の別の子も年齢や顔の形からして兄弟っぽい。こちらもすぐに民家の生垣に隠れてしまいました。

深慮無く撮影しようと思った自分を恥ました。
何でも撮ればイイってもんじゃないだろうって。
そんな写真で人のココロなんて動かしても詐欺じゃないかって。

捨てる人ももちろん心が痛んでると信じたい。だから発見されやすい場所に捨てるんだろう。でも、パニックになった猫の行動を考えたらその先の事態が想像できるんじゃないかな。

メディアや媒体も面白可笑しく報じる傍ら「里親サイト」の存在もアナウンスするべきじゃないかなって思う。

投稿: Hoshino | 2008年2月25日 (月) 23時42分

Takaさま、こんばんは。

Takaさんの写真、「警戒されるでも無く、かといって親密になりすぎてない」所がいいんじゃないかなっていつも思う。

「敬愛と遠慮」って写真に出るんですよ。

親密さが見えちゃうと、物語は始まらない。
かといって警戒されてちゃ見てくれる人はしらけちゃう。

「距離」って、重要です。

写真の見せ方は難しいですよね。

私の場合、WEBでは「撮影時系列」が基本です。(1万枚位から選ぶ時は、前後しちゃいますがネ)
Album25は分単位まで完全に撮影した時間順で並べてます。意外と自分の中で自然に起承転結っぽく撮ってるもんですよ。

一枚ずつ見せるのも確かにいいですが、「写真」には興味の無い「猫好き」さんや、年配の方でパソコンが得意じゃ無い人でも快適に見てもらえるのは「スライドショー」じゃないかと思ってます。

それに、好きな音楽と一緒に流しっぱなしにして楽しんでくれてる人もいるみたいだし、仕事中に息抜きにパラパラ見てくれてる人もいるみたいだし(バレないように気をつけてね!)

やっぱり独り善がりでも作者が順番を決めて、そして見てもらうのがイイと思う。ビデオでもある意味、編集の方が撮影以上に重要であるように、並べてみて初めて見えてくるモノは多いんじゃないかな。

投稿: Hoshino | 2008年2月26日 (火) 00時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 空飛ぶ猫? | トップページ | 写真展のご紹介 »