« 足跡の表情 | トップページ | 花曇 »

2008年3月26日 (水)

Album26をUPしました。

本館の方、久々に更新しました。

今回、目の前で展開されたドラマを淡々と撮影し、何となく並べて見ました。

Imgh9932

少しあっさりしすぎかな、、、

御覧いただけましたら幸いです。

shine WANGAN NEKOshine

今、「タマとマーちゃんの海」と題したテーマで、ある親子猫を追っています。 完成には1年位はかかるかな。 こちらは、まとまってから公開しますネ。 

|

« 足跡の表情 | トップページ | 花曇 »

コメント

こんにちは。
752-2は斬新ですね。びっくりしました。
今回のアルバムは(最後の方は違いますが)全体に猫のたくましさを感じました。
単に、こちらの心理状態を反映しているだけかも知れませんが…。
見る方の勝手な解釈を許すところが写真のひとつの魅力ですね。

投稿: 土佐の酔鯨 | 2008年3月26日 (水) 13時23分

今回のは、ストレートなのでしょうが、やはり剛速球ですね。
さすが、というしかない内容でした。
ページがくられるたび、唸らされてばかりです。
真剣に被写体を観察し、被写体を含む世界のことも考えられているのが伝わってきました。

投稿: H2@Ojaco | 2008年3月26日 (水) 20時45分

こんばんわ。ん~確かに今回はあっさりとまとめられた感がしました。でもHoshinoさんの変化がちょっと見られたような感じもしました。759-1、759-2なんて今までに無かったカットようにも思えます。759-1はディスプレイに近づいて観てたもんですから「これは何!?」ってビックリしましたがディスプレイから距離をとって観たら理解できました^^;
ロングショットの作品が今回は少なかったような気も。好きなんですよね大都会を背景にした東京湾岸の猫達のロングショットの写真・・

写真展のご計画もあるんですか?楽しみですね。でも広島からはちょっと遠いし、なかなか行けないです、大阪ぐらいなら何とかいけるのですが・・・(^^)

投稿: Taka | 2008年3月26日 (水) 21時56分

土佐の酔鯨さま こんにちは。

「猫のたくましさ、気高さ」は、私のメインテーマですから、そう感じで頂けたら光栄です。

写真って確かに見る人の心理状態によって解釈が変わりますよね。「写真展」って常設展示が少なすぎると思います。せめて半年とか同じ物を展示出来たらいいのにって思います。1週間って、あまりにも短すぎますよ。

土佐の酔鯨さんも「猫の強さ」にメロメロなんですね。


投稿: Hoshino | 2008年3月27日 (木) 14時05分

H2@Ojacoさま こんにちは。

ポリ袋をくわえてる子は毎日13:30前後にゴミ箱を何箇所も巡回します。

川の水を飲む♂君は14:00に約500Mのコースを見回る。あちこちマーキングしたらそりゃ喉も渇きますし。

最初の何回かは撮影しないでやり過ごす。そうすれば「このオヤジ、無害だな」って感じで遠くからであれば撮らしてくれるんですよ。
無理は禁物。逆に怖い思いを一度でもしたら、もう二度と心を許してくれませんから。

投稿: hoshino | 2008年3月27日 (木) 14時16分

Takaさま こんにちは。

今回のTakaさんのAlbumの島猫達、グッと来ましたよ。いいですね。

今回は、この一ヶ月間メインで撮影した「ある猫の親子」の写真を一枚も使いませんでした。個性的な2匹の猫に久々ハマッテます。

今の段階でバラバラと出してしまうより、ある程度ストーリーが出来てからまとめて御覧頂いた方がグッと来るんじゃないかと思いまして、、、それ以外の近作だけでまとめました。よって夜景やロングショットが無いんですよ・・・

本当は思い切って「黄昏」さえもUPせずに日常だけでまとめようと思ったんですが、Hoshinoの撮る「夕焼け猫」が好きって方が多いんで少し散漫になっちゃったかな、、(苦しい言い訳、、、)

今の季節の「空と海の青が混ざって境目が無い」様な緩い空気感がスキなんで「田舎猫」な気分です。都会猫は「アツイ夏と寒い冬」かな。

写真展の予定は今の段階ではありません。(お声を掛けて頂いてる話はありますが、未だ具体的にはなってません)
次のキヤノンギャラリーの審査は8月。結果は11月かな。まあ、毎回多くのプロ・アマが犬猫写真を出しても落とされてるんで、今回は厳しいでしょうね。一応それでも応募はしますよ。(黙って出せば、落ちても誰にも気付かれず、恥かかないのにネ。バカですね)

毎回常に「写真展」を意識して撮影してますから、そういう意味では『写真展の予定はあります!』って言っても嘘じゃないかな!

投稿: Hoshino | 2008年3月27日 (木) 14時44分

あっさりしていますか?
躍動感溢れる写真ばかりで、見ごたえありましたよ!
生きてるな~。命だな~としみじみ感動いたしました。

黒猫(?)さんが飛び降りるシーン。まるで油絵のようですね。写真てすごいのですね。

投稿: kayo | 2008年3月30日 (日) 22時26分

Kayoさん こんばんは。

やっぱり「WANGAN NEKO」と言えば『黄昏~ブルーモーメント~夜』の猫写真がスキって言って下さる方が多いんで、、、 もちろん今でも沢山撮ってますが、あえて直球でまとめてみました。

今日も雨の中、たくさんの猫たちがずぶ濡れになりながら食べ物を探して歩き回ってました。(今は海苔やワカメ、イカなど猫のゴハンには不自由な漁の季節なんですョ)
「一生懸命生きてる」って、ただただ素直に感動している今日この頃です。

この黒猫さんは一旦水平方向にジャンプして着地する癖があります。写真技術的に言うと「ズーミングしながら流し撮り」しています。車や鉄道など高速で移動する被写体では普通に使われてるテクニックですが、猫のように動きが不規則な被写体ではかなり難易度が高く、リスキーです。でも、決まれば肉眼や動画では捉えられない「写真ならでは」の表現が可能なんですョ。

投稿: Hoshino | 2008年3月30日 (日) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 足跡の表情 | トップページ | 花曇 »