« 鏡 | トップページ | 相変わらず »

2008年3月 5日 (水)

待ち上手

Imgs1896

見晴らしのイイ場所が好き

だってあの人を最初に見つけたいから

楽しい時間はあっという間に過ぎちゃうから

みんなが思うほど 待つのは辛くない

貴方にだって、そんな経験 あるでしょう?

|

« 鏡 | トップページ | 相変わらず »

コメント

猫はいつも何かを待っている気がしますね。
食餌をくれる人
ぬくもりを与えてくれる人
暖かい日差し
楽しい夜
温かい季節

猫は待ち上手なのは、当然のことなのかもしれませんね。

投稿: H2_Ojaco | 2008年3月 5日 (水) 19時41分

マタタビにカリカリ。
猫写に必須って言い切る人も多い。
確かに、有効なアイテムではあると思う。
でも、毎日ゴハンをあげてる人以上に彼らと親しくなるにはそんなんじゃダメ。

ぬくもり

生き物と生き物が心を通わせるには、敬愛しか無いと思います。目ヤニがギトギトで鼻水ダラダラな猫さんが肩に飛び乗って来ても、鼻スリスリ挨拶を交わしてあげられないようでは生き物の写真を撮る資格さえ無いと思う。

残念ながら週末写真を撮るだけの私達に出来る事は少ない。せめて思う存分甘噛みさせてあげようじゃないか。兄弟と遊んだ経験が無い彼らに噛まれたら、時には流血する事もある。でも、たった一瞬でも楽しかった思い出があれば、その後の辛い出来事も乗り切れるんじゃないかな。少なくとも、私の人生はそうだったから。

投稿: Hoshino | 2008年3月 6日 (木) 00時12分

仲良しのキジトラは、いつも駐車場の端っこで
私が来るのを待っています。
でも、そう思っているのは私の勝手な思い込みで、
キジトラは、ただ暖かい場所で
日なたぼっこしているだけなのかも。

ご飯やおやつをあげて、撫でたり話をして
少しの時間だけど、飼い猫とのような時間を過ごし、
帰ろうとすると、上目づかいで見られます。

「帰っちゃうの?」

そう思って見るから…と言い聞かせて
「また明日ね」と言って、
振り返らず帰ってきます。

こんな中途半端な付き合いで、
かえって可哀想ではないのか、
どこまで世話をしてあげられるの?
自問自答の毎日ですが、
少しの時間、月日でも、ご飯を食べられて
人の温もりにふれて幸せを感じてくれたら、
そう思います。

投稿: 猫姫 | 2008年3月 6日 (木) 18時08分

「不思議だね~、なんでこいつが貴方になつくんだろう?」
オヤジ顔の猫は、確かに私に擦り寄って来た。おじさん曰く、そんな事は珍しいそうだ。私にもさっぱり訳がわからなかったが少し嬉しかったっけ。

今朝、二日酔いの頭でぼんやり通勤電車の窓から外を眺めてて「ハッ」とした。

PCで3週間前の写真をチェックして納得。

「やっぱりあいつだ!」

3週間前にかなり離れた場所でカリカリをあげた子だった。相当空腹な様子で人待ち顔だったんで。かなり警戒心が強いくせに、夢中で食べてたんで背中を撫でる事が出来た。まあ、ひとしきり食べたらサッと振り返りもせず行っちゃったんだけど、、、

今、そんな些細な事だってちゃんと覚えていたアイツが愛おしくて仕方ない。週末が待遠しい。恋をした少年じゃあるまいしネ。

毎日沢山の人間に接してるのに、ぬくもりをくれた人の事はちゃんと覚えてる。
猫って、そんな奴なんじゃないかな。

投稿: Hoshino | 2008年3月 7日 (金) 00時33分

よく猫がいる港は栄える、と言いますよね。
漁師さんは猫を大切にするとか。
漁師さんも自分をまってくれて、ついつい甘くなるんでしょうね(^m^*)
猫神社を祀っている島がありますものね。

投稿: めんま | 2008年3月 7日 (金) 18時16分

時に辛い事もある。
船の傍らに、真新しいお花と缶ビール。
生死と背中合わせの毎日。

だから、命の重さがわかってる。
だからって野良猫に過剰な愛情を注ぐでもない。
ましてや、センチメンタルな感傷なんか抱かない。

それは、冷たい訳じゃない。
長生きする者が、短い人生を看取る。

自然体。

それでいいんじゃないかって思う。


投稿: Hoshino | 2008年3月 7日 (金) 23時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鏡 | トップページ | 相変わらず »