« 山笑う頃 | トップページ | 自由 »

2008年4月 9日 (水)

ありきたりの日常

Imgs4271

お魚がなければ、味噌汁ゴハンだってイイ

毎日毎日、名前を呼んでもらえるだけでシアワセ

おうちに入れてもらえなくてもイイ

毎日毎日、貴方のそばに居られるだけでシアワセ

|

« 山笑う頃 | トップページ | 自由 »

コメント

外の子たちは、ご飯がもらえることは嬉しいけど
じつはもっと嬉しいのは、撫でてもらうこと
声をかけてもらえることじゃないのかな?と
思うことが多いです。

ご飯だけあげてすぐその場を離れようとすると
大きな声で鳴いたり、足にしがみついたりすることも。

でも、ご飯はあげなくても、
いっぱい撫でてあげたり話かけた日は、
「もう帰るね」と立ち上がると、
お座りして見送ってくれます。

こちらの思い込みと言われればそれまでですが、
心が通じているんだなぁと感じます。

猫も人も、心の温もりが欲しいんですよね。

投稿: 猫姫 | 2008年4月11日 (金) 20時45分

もちろん生きる為には食べなければならない。
でも、人間だってそうだけど、それだけじゃあまりにも味気ない。

かつてこんな経験をした。

ゴハンも十分与えてもらってるし、シェルターだって半ば公認で設置されてる場所。そこで生後半年位の♂猫と顔見知りになった。
そいつはやたら私にくっ付いて歩いてくる。
空腹から私にまとわり付いてくるんじゃない事は明白。
明らかに縄張りの偵察の練習をしてたようだ。
これが彼らにとっていい事かどうか迷ったけど、あちこち一緒に歩き回った。

何週間か後、彼に生傷を見つけた。
精悍な顔つきになった彼は、しかし逃げずに正面から一撃を食らったようだ。

人間と猫とのコミュニケーション。
そんなに多くの事が出来るわけじゃないけど、自分の出来る範囲で遊んであげるのは大切な事じゃないかなって、いつも思う。

投稿: Hoshino | 2008年4月13日 (日) 12時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山笑う頃 | トップページ | 自由 »