« 雑草 | トップページ | 草緑(grass green) »

2008年5月15日 (木)

手紙

Imgs5377

「お元気ですか」

写真友達からの、ニューヨークからのエア・メール。 いつもより少し文字が乱れているのは、大好きなビールを飲みながら書いてるからなのかな。

都市と郊外の境界の風景を、4×5インチのカメラで朝と夜同じ場所、同じ構図で淡々と写し撮って行くシリーズのN・Y編。 ピントグラスに映る朝の風景を紙にスケッチして、そのスケッチを元に同じ日の夕、同じ場所で写真を撮る。 この便利で軽薄・安易な時代に、ポラでもデジタルバックでも無く、スケッチで記憶する。 だから2枚並べた朝夕の写真、構図やアオリの量に多少のズレがあるんです。 でも、この微妙なズレが意図せず時間の経過を演出して、安心して作品を見られるんです。

「こちらでは、いまだに4×5ネガフィルムの現像が5時間で仕上がってびっくりです!」

ポストカードの余白を気にしてだんだん小さくなっていく文字。 その行間から長い長い撮影旅行の成果の多さが伺い知れた。

暇つぶしに書いたEメールなんかじゃ何も伝わらないんですよね。あっ、通勤電車の中で書いたなって感じで1分後には忘れちゃう。 写真もそうじゃないかなって思う。 その人が、その時どんな気持ちで、どんな状況で撮ったのかさえ自然に想像させられちゃうギュっと内容の詰まった写真がステキ。 そう、最後の方の文字が小っちゃくて読み難い手紙のように。

|

« 雑草 | トップページ | 草緑(grass green) »