« twilight | トップページ | 300mmな気分 »

2008年6月23日 (月)

本館更新しました。

Imgs6780

「Album28 」UPしました。

今回の写真の大半は、カメラが叩き出したホワイトバランスに近いイメージか色温度5200度でRAWデータを現像しているんですよ。露出も評価測光のオートです。 もちろんピントもオート。

写真って、撮れば撮るほどにシンプルになるんですよネ。 カメラ設定とか、RAW現像云々とか、デジタルかアナログかなんてのは『出来上がった作品』には関係ないんですよ。 もちろん「コダワリ」ってもの凄く大切だけど、もっと大切なのは『いかに撮影に集中・没頭するか』なんじゃないかな。 シャッターチャンスに集中する。 そうすれば、自ずと撮影スタイルもシンプルになるんじゃないかな。

色々な方とお話すると、デジタルで思った様に撮れず悩んでる人が多いみたいだけど、どうか逃げずにチャレンジ精神を捨てないで欲しいものです。 正確に0~255までのRGB各色を再現するだけが「写真」じゃないんです。 考えてみて下さい。 フィルムの色の方が、むしろ曖昧だったと思いませんか。 処理工程が他人任せだったから気が付かなかった問題に、皆さんが気付いただけなんですよ。 悩むって事は、進歩してるって事だと思いますよ。

shine WANGAN NEKOshine

ご覧頂けましたら幸いです。

(ペンタックス67、コンタックス645を愛用する私です。 手動でフィルムを巻き上げたり、使い難いカメラをあえて楽しむって事も誰より理解してるつもりです。 そう、イタリア車を愛する感じかな。 そういう感覚的な部分は自己満足に過ぎないって話なんです。 写真なんて、最終的に出来上がった「写真」がよければ、見てくれる人にはそれで良いじゃないか。 その過程やプロセスなんて人に押し付ける物じゃないって話です。 れぐれも誤解のありません様にお願いいたしますネ。)

|

« twilight | トップページ | 300mmな気分 »

コメント

今回は、色んなシチュエーションで色んな表現をされている。
でもどの写真もHoshinoさんの作品。
色も素直な感じですね。
素直な表現が自然に感じて、自然なところが猫たちの生きているそのままの世界を感じられる。
こういうのはなんと言うべきなんだろう。
やっぱり「スゴイ」って言葉しかないのかなぁ。

私も、最近は色調整の範囲が狭まってきたことを実感できるようになってきました。
自分の表現したいものが分かってないときは、やたらとイジりたくなっちゃいますね。
で、どんどんワケが分からなくなる。
そんなときは、RAW撮りすべきかなぁ~っとよく迷いました。
あと、機材もあるのかなぁっと。
描写が素直に出てくれると、補正の範囲が狭くできますね。
色を想定し易いと撮影のときも集中できるようになりますね。
日陰でも明るさによってWBを晴れや曇りに設定したりとかできるようになってきました。

でも、JPG撮りですからねぇ。
Rawの話を聞くたびに、引け目を感じてしまって。
でも、JPGのフットワークの軽さが自分に合ってることも分かってるので。。。


投稿: H2_Ojaco | 2008年6月23日 (月) 08時05分

こんばんは。新作拝見させて頂きました。空、低い雨雲、季節を感じます。色合いも梅雨の時期を感じます。RAWデータを天気の悪い日は太陽光で現像しますが色温度を変えることでより天気の悪さを表現でき、湿度の高い感じを出せれるんですね。

夜の猫撮り、ピンとは全てAFなんですか?僕もHoshinoさんを参考に蛍光灯式のランタンを買って夜の撮影に挑戦しています。
白い猫や白い毛のある猫は周りの暗さとコントラストがあるからAFききますが、黒やトラなどはどうしてMFじゃないと無理です。
でも補助光使うことで明るく見えるようになりました(50mmF1.4)
また自分を照らしてるから不審者にも見られないのでいいですね。

作品の並べ方もいいですね、天候の悪い写真からスカーっと青空が抜ける、気分が晴れそこへ子猫が。見る人を和ませてくれる。さすがですね、やっぱHoshino作品、もっと表に出て行って欲しいなぁ。。。

投稿: Taka-fukuyama | 2008年6月23日 (月) 20時05分

>写真なんて・・・
同感です、見る側には目前の作品が総て、
機材やフォーマット、撮影技法はなんら関係ありませんから...
でも良い作品を観ると気になります。
ではまた。

投稿: 蔵人 | 2008年6月23日 (月) 23時31分

H2 Ojacoさん こんばんは。

究極は「JPGで撮って出し」じゃないかと思いますよ。意図が明確であれば、それでいい。やっぱりその場の「空気感」や「光」は、その場で決めちゃうのが一番正しいんじゃないかな。

去年の写真展で使用した作品の1/3はJPG撮りでした。露出の荒い物が多くて、Photoshopで手直ししましたが実際のプリントでは全く気になりませんでした。むしろ多少階調が欠落した事によって、よりドラマチックになった写真も有りました。写真なんてそんな物です。

後処理が負担に感じて撮影枚数をセーブしたり悩んだりするくらいなら、JPGでバンバン楽しんで撮る方が絶対良い。とにかくシャッター切らなきゃ何にも始まんないしね。

ただ、あまり語られないRAWの勝る部分も有りますよ。

『人間として成長した未来の自分が、さらに今後進歩するであろう未来の「現像ソフト」を活用して、今一歩踏み込んだ解釈の作品を生成出する楽しみがあるのがRAW』

そう、タイムカプセルに、未来の自分を試す為の素材をしまっておけるんですよ。

投稿: Hoshino | 2008年6月24日 (火) 18時42分

Takaさん こんばんは。

実は10日程前に今年1~6月撮影分の没になったカットと近作をミックスしてAlbum作ったんですが、、、これが全然ダメ。結局最近2ヶ月以内の物に絞られました。

人生半ば過ぎた私でも、3ヶ月前の自分じゃ無いんですよ。少しずつ色んな意味で変わってる。だから、1月の写真と6月の自分の写真が喧嘩するんですよ(苦笑)。写真って生き方なんだな~って思います。

猫写を始める前の私は、AFカメラであってもマニュアルフォーカス・マニュアル露出でした。コ・ダ・ワ・リって言うのかな。今考えれば、随分困難な修行を自分に課してたんだなって笑えます。カメラの進歩は、本当に多彩な表現を可能にしてくれました。30年前だったら、ピントと露出が会わせられるだけプロと呼ばれお金が貰えたんですよ。

今は、昼間は100%AF。
夜でも90%AFです。残りの10%は目測!大体3メートル位かなって勘であわせる。これが当たると鳥肌ものですよ。

そうそう、夜の黒猫は確かにAF利かないですよね。でも、秘策が有るんですよ。「なんだ~」って言うぐらい単純だけど、ホボ行ける方法が、、、今度こっそり教えますね。

投稿: Hoshino | 2008年6月24日 (火) 19時07分

蔵人さま こんばんは。

右手の親指でテンションあげて、左手の親指と人差し指でリズムを取る。左小指は猫の尻尾と同じで、のって来ると自然に立っちゃうんですよね。そして「カシャ~ン」みたいな感じの撮影って楽しいんですよネ。
蔵人さんも小指立て派だったりして・・・

私は時々ベッサTのトリガーワインダーでシビレテマス。でも、猫写に限ってはもうデジタルじゃなければ思い通りの「色」が出せなくなりました。現代ではフィルムでも(基本的には)最終的にスキャニングしてプリントしますから3年前に割り切ってデジタル化しちゃいました。(ある意味、これもコダワリなんですけどね。)

投稿: Hoshino | 2008年6月24日 (火) 19時34分

こんばんは。
最近、猫ブーム来てますよね。
本屋で猫の本特集がされているのを見ると、
星野さんの写真集だしてほしいなぁ。
と思います。

昨年、家の押入れから父親がそのむかし使っていたペンタックスSPが出てきました。
露出計壊れてるうえに、一眼レフをはじめて手にしましたが、ハマっています。
写真って面白いですねー。

<うちの猫を撮りました>
http://sleepcat.fc2web.com/kotarou2.jpg
http://sleepcat.fc2web.com/kotarou4.jpg

目の前のものを撮ってるだけなのに、なんだか不思議な感じもしますが、
写真って、写す側の思いが想像以上に出るんだなぁ。と実感中です。

投稿: にゃんにゃん | 2008年6月25日 (水) 21時38分

にゃんにゃんさま こんにちは。

私のネコ写真だと、「猫写真集」じゃ無理みたいなんです。いわゆる『写真集』として一般の猫好きじゃない人にも買ってもらえる位のレベルじゃないと、、、更なる精進が必要ですかね。

昔のカメラは多少壊れてる部分があっても動くから良いですよネ。
今時のカメラは10年後には充電バッテリーが入手不能で壊れてないのに動かない・・・なんてオチが待ってるから。

写真を撮るって行為は、『見ること』なんです。 私たちは日常的に色んなモノを目で見ていますが、それは『認識』してるだけで『見てはいない』んです。だから『日常を撮る』って事は、『日常を客観的につぶさに観察する』ことなんですよ。

カメラを通して世の中の見方ががらっと変わるんです。
だから、何気ない日常さえドラマティックに見えるんです。

写真は、見てもらって初めて「作品」になるんです。
そう、物語は見てくれた人が作るものだから。
にゃんにゃんさん、それに気が付いちゃったみたいですね!

投稿: Hoshino | 2008年6月26日 (木) 14時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« twilight | トップページ | 300mmな気分 »