« 言葉のチカラ | トップページ | 雨上がる »

2008年8月17日 (日)

Imgs0028

運河の汽水線が 夕立の大雨でグングン後退する
真水が無ければ 地上の動物は生きて行けない

君の母は 賢い
月の満ち欠けや潮のニオイを感じて、生きる術を身に付けてきた

暗黒の流れは 幼き君には 恐怖の大海
でも 此処で生きてく為には 母に続かなくてはならない

毎日毎日 逞しくなる君

毎日毎日 生きることしか考えてない君

「東京 猫語り」へ続く

|

« 言葉のチカラ | トップページ | 雨上がる »

コメント

星野さん、こんばんわ。
お久しぶりです!

雑誌見ましたよ~。
相変わらず精力的に活動されてるようですね。
天然の猫じゃらしと猫のしっぽがゆれてる写真が、なんかホッとしました。

個人的には、この「闇」のような写真が星野さんらしくて好きですけどね♪

これからも素敵な写真を見せて下さいね~

投稿: 足達 | 2008年8月21日 (木) 21時01分

足達さん こんばんは。
お久しぶりです。

皆さんやはり「Hoshino=夜の猫」
って感じなんでしょうね。

今回は、猫雑誌なんで、、、まぁ、それでも今までこんな写真ってあまり猫雑誌で見た事無いでしょう?

普通っぽい写真の方が、「自分らしさ」を出すのが難しいんですが、それでも何となく「WANGAN NEKO」っぽいでしょう?

昨年末は色々あって、今年の準備がままならなかったんですが、2009年は行きますよ!

今後とも長い目で見てやって下さい。
ありがとうございました。

投稿: Hoshino | 2008年8月21日 (木) 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 言葉のチカラ | トップページ | 雨上がる »