« 秋の空 | トップページ | 陽だまり »

2008年10月28日 (火)

秋風

Img_3985

中川さんが主催するギャラリーのオープニング写真展のタイトルが正式に決まりました。

「命を見守る4人の瞳」

日時:11月22日、23日、24日 10:00~18:00(24日は17:00)

場所:「東風庵」 岐阜県多治見市本町オリベストリートに新規オープン

ポスターも出来ました。(クリックでポップアップします。)

Photo_2

これでようやく展示作品のセレクトに入れます。

ドキュメンタリーの中川さん、旅猫の原田さん、ストリートスナップの蔵人さん、、、、

「東京 猫語り」でもそうなんですが、他の人がトラディショナルな素晴らしい作品を出してくれるから、私は遊べるんです。もしかしたら「外す」かもしれないけど、ちょっと切り口の変わった写真を出せるんです。

ギャラリーは4区画あって、私の担当は「スペースB」。六畳間に戸板をはめたギャラリーです。「スペースB」に入ると、特にコンセプト無く色で見せる写真がポンポンと並んでるだけ。少し判り難いかも知れない。ただ、綺麗なだけだと思うかもしれない。でも、家路に付く頃にはジワジワと何かがこみ上げてくる。そんな空間に仕立てたいと考えてます。

名古屋から1時間弱、そんな場所ですが、中部地方の方々には足を運んで頂けたら幸いです。未発表の作品が中心の展示になります。そして今回、「WANGAN NEKO」初のポストカード販売もあります。(こちらは通年販売予定)

決して交通の便の良くない場所までお運び頂いた方の為に、「東風庵」限定のポストカード、『ギャラリーポストカード』を企画しています。そのまま額に入れて飾ったり、手紙に添えるメッセージカードにしたり、職場そっと飾ったり、、、そんな「写真作品」としてのカードを毎晩少しずつ手作業で作っています。

私は、23日、24日と在廊予定です。皆様とお会いできる日を、楽しみにいたしております。

|

« 秋の空 | トップページ | 陽だまり »

コメント

ポストカード、東風庵に向けてオリジナルを手作りされているのですか。
今から準備すれば、多くの種類ができそうですね。たくさんあった方が、来て下さるお客様も喜ばれると思います。
私のポストカードも半分は印刷、半分は自宅プリントです。とりあえず、今週からまたタビに出てしまうので、準備は帰国後になりそうですが、皆様の励みを見ていると、私も久々に新作カードを作りたくなりました。お互い頑張りましょう!24日お会いできるのを楽しみにしています。

投稿: HARADA | 2008年10月28日 (火) 23時50分

HARADAさん こんばんは。
とりあえず5種類位は手作りで超びっくりなカードを作ってます。有る程度の数も作らなければいけないので、20種類程は業者に「写真ポスカ」を作らせます。印刷はもちろん、インクジェットより遥かに高画質ですけどコストが、、、

海外遠征、エンジョイして下さい。
お気をつけて行ってらっしゃい!

投稿: Hoshino | 2008年10月29日 (水) 01時26分

ごぶさたしております。

中川さんには今年の春、横浜での写真展で
初めてお目にかかりお話をさせていただきました。
著書は拝見していたのですが、
どんな方かぜひお会いしたかったので
とても嬉しかったです。

今回の写真展も多くの方に見ていただきたいです。

Hoshinoさんもポストカードの制作で
ご苦労されているようですね。

記事に書いていらっしゃった通り
多くの猫好きの人は、親しい人に送るためにもですが
コレクションしたり
額に入れて飾る、しおりとして使うなど
自分の楽しみのためが多いでしょうね。

私も箱いっぱい持っていますもん(笑)。

個人で制作されると費用が高額になるし
プリンターの調整などに手間取って大変。

私も写真をプリントするだけなのに
きちんとプリントされず、けっきょくラボ屋さんへ。
その方が安い、早い、なにより確実でムダがない!


でも、今の試行錯誤や作業が
Hoshinoさんのこれからの活動に
「なにか大切なモノ」を残してくれるように思います。

できれば写真展に行きたいんですが
つい先日、猫を保護してしまって…。
里親探しに奔走しているので。

頑張ってください!

投稿: 猫姫 | 2008年10月29日 (水) 13時22分

絶対に行きますー!!!
楽しみにしています!!

投稿: にゃんにゃん | 2008年10月29日 (水) 16時04分

猫姫さま こんにちは。

僕のようなアマチュアの写真にお金を払って頂く以上、たとえその収益を「家なき猫」の為に使ってもらうにしても、やっぱりきちんとした「作品」をお渡したいと思いました。

インクジェット出力でも、印刷でも、手段や素材は何でも良いと思います。ただ、「WANGAN NEKO」として納得できる方法が見つからずに苦戦しました。「その写真に一番適した素材を使う」。ようやく方向性が定まりました。

確かに手作りはコストと時間が掛かります。
僕らは写真展やっても、HP公開しても、膨大な費用が掛かるんです。もちろん、それらからの収入はゼロ。
それを考えれば「写真を買ってもらえる」だけでも十分嬉しいんです。
原価が50円で、それを150円で買って頂けて、僕は売り上げの中から50円貰うとしますよね。(金額は例えばですよ)その差額の100円が東風庵の運営資金になるんです。 
僕には利益は無いけど、持ち出しも無い。掛かったのは自分の「人件費」だけ。
でも、そのたった一枚の写真が、善意のお金を集め、そしてその写真を手にした人に「物語」を与える事が出来るんです。ステキでしょう?

今までもこんな事が出来たら良いなってずっと思ってました。今回、中川さんが背中を押してくれました。

おっしゃる通り、「なにか大切なモノ」が得られると漠然と思ってます。
毎日こんなに長い時間、自分の「写真」と向き合ってるのは何十年ぶりかです。手を動かし、モノを作り、それを手にしてくれた人の事を考える。
毎日寝不足だけど、とても充実した2週間でした。

今回の写真、東京に持ち帰って展示できたらイイナ、なんて思ってます、、、当てにしないで待ってて下さい。
もう十分待たされてますよね、、、ゴメンナサイ。

投稿: Hoshino | 2008年10月30日 (木) 13時56分

にゃんにゃんさま こんにちは。

ペンタックス、使いこなしてますか?

あの名古屋の展示から1年半経つんですね。

「あの頃より上手いけど、前のみたいな、なんかザワザワ胸騒ぎするような感じが無いんだよね」

ちょっと前、最近のポートフォリオを見た旧友に、そう言われました。

自分なりの反省期間があって、そしてこの11月の展示。丁度タイミング的に良かったと思います。これが5月だったら、確実にダメだったと思います。

にゃんにゃんさん始め、前回ご覧頂いた方々の反応が少し不安でもあり、でも、楽しみでもあります。

多治見にて、お待ちいたしております。
ありがとうございます。

投稿: Hoshino | 2008年10月30日 (木) 14時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋の空 | トップページ | 陽だまり »