« 夕映え | トップページ | 野良猫の肖像 XI »

2008年11月14日 (金)

追手

Imgs3936

例え同じ境遇の野猫でも、この縄張りは譲れない。

緊迫した状況を、ピンと張った耳が物語っていた。

雄猫という、悲しい性。

「東京 猫語り」 更新しました。】

,

++++知って欲しい現実があります++++

|

« 夕映え | トップページ | 野良猫の肖像 XI »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夕映え | トップページ | 野良猫の肖像 XI »