« 野良猫の肖像 XII | トップページ | 尾花散る季節 »

2008年12月 1日 (月)

こってり系 EOS 5D Mark2 (追記あり)

今日は、EOS5DⅡで初撮影です。主に動画のテストをしましたが、、、 動画撮影時は絞りとISO感度が自動設定になってしまうのは辛いですね。これじゃ、「写真っぽい浅い深度を生かした映像」が撮れないです。せめてアイリス(絞り)だけでもコントロール出来なきゃ一眼レフの意味が無いですよ。それでも50万円位の業務用ハイビジョンムービーより浅い深度が得られますが、、、次の全く刷新されるであろう新しい1D系(3D系?)に期待します。

通常のスチール画像に関しては、最近のEOSデジタルのトレンドに習い「ポジっぽい」硬く色乗りの良い絵ですね。DIGIC4、ぱっと見は綺麗なんだけど、ベルビア100っぽいって言うか、少しクドイです。DIGICⅡの「カラーネガフィルムっぽい」絵に馴れた私には、ピクチャースタイルは「忠実設定」以外は無理ですね。まぁ、一般的には好まれる色だと思いますが。

ノイズに関しては、1DsⅢより気にならない。ISO400辺りから多少色ノイズが出るけど、2110万画素もあるから拡大率が小さくて済むので問題ないでしょう。

ファインダーの見え具合も、5Dより良いから合格デス。視野率100%の1DsⅢだと、手持ちで撮ってて少しカメラが動いただけで、「見えてたのに切れている」事が時々あるので、ファインダー視野率は98%で十分じゃないかな。

背面液晶モニターの日中屋外での視認性は格段に向上しました。(但し、シーンによっては一世代前のモニターの方が良い場合もありました。)

ブラックアウト(ミラーが上がってファインダー像が見えない状態)時間が長いのさえ我慢すればとても良いカメラだと思います。無理に大きなモーターを積まなかった分、軽くて小さくて、持ち歩く道具としては最高のパートナーです。

でも、持ってもゾクゾクしませんよ。優等生過ぎて、メカっぽい「遊び心」が無いんですよ。これは、欠点なのか、長所なのか、、、写真を撮る作業って、「道具に対する思い入れ」も重要ですからね。

*追記*

ニコンD3X発表ですね。画素数が2450万画素になって、秒5駒連写。価格的にもカタログスペック的にも1年前発売のキヤノンEOS 1DsⅢとほぼ同じです。 D3Xのアナウンスでちょっと気になったのは、『RAW記録を14ビット記録に設定しているときは、最大連続撮影速度が約1.8コマ/秒になります。』と物凄く小さく小さく書いてある事。こんな重要なアナウンスなのに・・・ そして、センサークリーニングがまたもや付いてないみたいです。

ちなみに5DⅡは常時14ビット記録で(12ビット記録は設定さえ無い)3.9コマ/秒。IS作動や絞り値によって3コマ位に落ちますが、それでも十分早いです。RAW撮りにとって14ビットは必須ですから、これで実売27万円は破格ですね。まぁニコンユーザーにとって、D700とD3X効果で、現行D3の実売価格がかなり下がるから、フルサイズ移行へのまたと無いチャンスですね。(H2さん、MARさん!)

Img_0204

EOS5DⅡ EF300mmF2.8L IS 1/400sec F4.0  RAW DPPⅢ(忠実設定 WB:くもり)

(写真をクリックすると少しだけ大きく見られます。)

|

« 野良猫の肖像 XII | トップページ | 尾花散る季節 »

コメント

うがぁ~、ユウワクしないでください!!
先日、ニコンプラザでD700のファインダーの見易さに頭がクラクラするのを必死に振り払ってきたというのに。
スペック的にはD700か5D Mark2なんですよねぇ。
特にD700は視野率95%以外は、なんの問題も無いんですよ。
D700Xって出ないかナァ~、なんて微妙に逃げを打ってるわけです、ハイ。

投稿: H2_Ojaco | 2008年12月 1日 (月) 18時23分

おひさしぶりです。
こちら、『東京 猫語り』、H2さん、MARさんのブログ、写真集『のらねこ物語』も拝見させていただいております。皆様の東京での写真展を楽しみに待っております。

我が家もEOS 5D MarkIIを購入検討しておりますので、とても参考になりました。Hoshinoさんのような先輩がいい作例を出してくださると、ググッと心が動きますね。

さて、EOS 5D MarkIIでマニュアル露出で動画を撮る方法、あるそうです。こちらに詳しく書いてあります。ご参考になれば。
http://ameblo.jp/satoagg/entry-10167463766.html

投稿: kuu | 2008年12月 1日 (月) 23時07分

H2さん こんばんは。

ファインダーに拘るなら間違いなくD3でしょうネ。
ショールームじゃなく実写に出ればその差は大きいと思いますよ。H2さんの腕力と体力だったらD3の巨体でも全然行けるでしょうからネ。

もう少し待ってEOS-3Dに行くのもアリかも。2110万画素、6コマ/秒、クロップ1000万画素で8コマ/秒でクロップ時はG画素をフルに活用して超低ノイズ、が私の予想(願望)です。Fマウントもアダプターで使えるからネ。

投稿: Hoshino | 2008年12月 2日 (火) 00時56分

kuuさま こんばんは。
いつもありがとうございます。

EOS 5D MarkII、まだ一日しか使ってないのですが、今までのキヤノンデジタルとは明らかに「絵」が違うのが確認できました。
特にハイライト側の「絵作り」が上手くなっています。ノイズはノイズリダクションで無理矢理抑えてるだけですから、ナチュラルな絵を望むのであれば800がギリギリですね。私的には400がセーフラインです。巷の噂はあてにしないほうが良いですね。色の派手さは、ちょっと設定をいじるだけで(私は忠実設定、コントラスト-1)ぐっと絵が落ち着きます。逆に悪天候の日は、スタンダードで素直な好い絵が出ると思います。
この値段であれば、買って後悔する事は無いと思いますよ。そうそう、予備のバッテリーは必須です。

動画のマニュアル露出、この方法は使えません。(β機と仕様が変わった可能性もありますね。) AEロックはその名の通り露出が固定されるだけで、そのときの露出を維持した動画用のプログラムラインにシフトして撮影が始まります。また、AEロックボタンを押している間は、静止画モードのままで、動画は撮れません。
動画撮影はAEロックが出来ますが、そこから露出補正をかけても一定のシャッターと絞りを元にしてISO感度を変化させる「ISOオート」が基本のようです。絞りは可変しません。
あまり詳しい事は判りませんが、静止画用の高画素CMOSセンサーなので、高速電子シャッター(メカニカルシャッターに依存しない)は現状物理的に不可能なのでしょう。スローの方も、秒30コマの連写を維持しなければならない訳で、自ずと1/40秒辺りが下限になりISOを上げて対応してるのだと思います。

高速型CMOSセンサーもぼちぼち出てますから、今はデジタル落ちこぼれにならないように、練習だと思って割り切って使ってます。

投稿: Hoshino | 2008年12月 2日 (火) 01時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 野良猫の肖像 XII | トップページ | 尾花散る季節 »