« 兄弟 | トップページ | 絆 »

2009年7月18日 (土)

旅路

長い長い真っ直ぐなトンネルを歩いた事がありますか?

足元が見えない漆黒のトンネルを歩いたことがありますか?

先の先の、先の方に見える微かな明かり。

遠すぎる目標が自分の居場所を惑わし、

今踏み出さなければいけない一歩を覚束無くさせる。

そんな時は、目を閉じて歩けばいい。

遠い明かりを見ない方が、歩く勇気が湧いてくる。

見えない足元なんか見ない方がいい。

遠くの明かりをイメージして、一歩、一歩確実に踏み出す。

そして時々立ち止まっては、先の先の明かりを確かめて、

そして再び目を閉じて歩けばいい。

先の、先の明かりをイメージして、

足元が見えるその瞬間を信じて、

一歩、一歩、歩いて行けばいい。

Imgs3073

|

« 兄弟 | トップページ | 絆 »

コメント

長い人生には、悩むこと、迷うこと、
後戻りすること、そして立ち止まらざるおえないことが多いですね。

それが仕事であれプライベートであれ
自分の決めた道を進むことに
躊躇するときも多いです。

何度もそんな場面に出会ってそのたび苦しみましたが、
大切なのは自分らしく、自分の信じる道を進むこと。

そう思います。


自分自身が自分を信じてあげなくては
一歩を踏み出せないですからね。

投稿: 猫姫 | 2009年7月21日 (火) 22時23分

猫姫様 こんにちは。

自分の決めた道。

いくつもの分かれ道があったのに、

今、自分が歩いてる道。

自分で決めた道だからこそ

悩み、苦しみ、後悔し、迷う。

でも、

最初から決まっていた道だと思えば、

迷いさえも喜びに感じるはずです。

投稿: Hoshino | 2009年7月26日 (日) 11時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 兄弟 | トップページ | 絆 »