« 永久のそら | トップページ | 幻影 »

2010年4月18日 (日)

AIR MAIL

1d4_1051

「私は今、イスタンブールに撮影に来ています。」

ワインを片手に、空色のペンを走らせたのだろう。

癖のある右下がりの手書きの絵葉書がうれしい。

彼女の才能にあこがれていた。

恋とか、愛とかいう感情では無い。

『あこがれ』

人は自分に無いものを求め、そして求めあう。

それは友情とは呼べず、

むしろ嫉妬に近い感情なのかもしれない。

「表現」という行為には才能が必要で、

時に「写真」を撮るという行為は残酷だと思っていた。

「地元の人々の控えめな親切が、時に心を和ませてくれます。」

優しい表現で結ばれた彼女の葉書。

意外な表現に、月日を感じた。

10年の年月を経て、優しさと引き換えにたくさんのモノを失って、、、

それが生きるという事なんだろうな。

ありがとう。

|

« 永久のそら | トップページ | 幻影 »