« NEX-5 + CarlZeiss Biogon35mmF2(ZM) | トップページ | 「一緒」 »

2010年12月15日 (水)

「黄昏」

Dsc01476

NEX-5 + CarlZeiss Biogon35mmF2(ZM) 1/60sec F2.0 ISO200 RAW PhotoShopCS5

*************************************************************************************

「何故NEX-5なのか?」

この3年ほどの私の撮影時間帯は、2/3が夜間です。しかも街灯さえないような暗い場所が多く、レンジファインダー含め「ファインダーでのピンと合わせ」は、まず不可能です。その上、私の場合は赤外AF補助光も届かない遠景撮影が多いので、「ライブビューでの実像ピント合わせ」が基本になっています。

しかし、「ミラーが有る一眼レフ」では、そのシーケンスに『ミラーの動作』が組み込まれており、それゆえのタイムロス(ブラックアウトしている時間)が1秒ほどあり、撮影のリズムを大きく崩してしまいます。

NEX-5にはミラーが無い。

と言う事で、テンポ良く撮影が出来るのでシーンによってはスパッとEOSを見切ってNEXを使います。

が、、、ライブビュー画像って、ノイズ処理をまだ施していない生画像を表示している(←多分)ので、NEXのISO1600でのライブビューはザラザラです。(それでもSONYのISO1600でキレイな絵が出るのは、ノイズ処理が上手いんでしょうね。)結局NEXでは高感度時のピントのエッジが確認し難いので、それはそれで結構なストレスなので、、、、

キヤノンのCMOSであればISO3200のライブビュー画像でもエッジが立ちピントを追えますので、新規格EFマウントのキヤノン製ミラーレス機を切望します。

もしくは、ダークホースのEPSON製R-D1FxG(フルサイズレンジファインダー・Mマウント)にも期待していますよ。そろそろかな???

|

« NEX-5 + CarlZeiss Biogon35mmF2(ZM) | トップページ | 「一緒」 »