« ○ | トップページ | 夕海空 »

2011年9月25日 (日)

「EF8-15mmF4」の空色

Imgs4797

EF8-15mmF4の描く黄昏空の色がスキです。

露光間ズーミング、魚眼流し撮り、魚眼ならではのボケ描写、、、

単なる「お遊びレンズ」の枠を超えられるかどうか、、、

EF8-15mmF4って、カメラマンの感性を問う『レンズエンジニアからの挑戦状』のようなレンズですね。。。お蔭様で、久々に写欲が湧いて来ました。

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

今、竹の香りの線香を楽しみながら、

たっぷり溜まったRAW現像をしています。

猫の額よりも狭い我が家の庭を眺めながら。

10年前に植えたミカンの木が今年初めて実を付けました。

この木で育ったアゲハ蝶が、まるでお礼をするかのようにハラハラと舞っています。

撮影の合間に湾岸で拾ったドングリがカワイイ実をたくさん付けています。

幼い小さな木々から、一足先に紅葉が始まり

木々の実りに喜ぶ「ねじ巻き鳥」が騒ぎ出す季節。

晴れたり、曇ったり、暑くも無く、寒くも無く。

立ち止まらなければ、振り返らなければ、見えない世界があるんですね。

防湿庫で眠っているSIGMA15mmF2.8EXDG FISHEYEで描く夕海のイメージがフッと浮かぶ。

今日も良い海空に出会える予感。

そろそろ出かけます。

|

« ○ | トップページ | 夕海空 »