« 砂浜の記憶 | トップページ | 一緒 »

2012年1月23日 (月)

「時代」 Cats on the shore 001

賢い猫たちは、夏になるとマメアジが浜近くでたくさん回遊するのを知っています。

夕方~夜になると、砂浜に打ち寄せる「恵み」を探しに、愛しい子猫を引き連れ砂浜を見回ります。

0001

0002_3

「波なんて 怖くないよ。」

0003

母から、子へ。

Imgs6518

生きて行く知恵と勇気を受け継ぎます。

0005

0006

Imgs6576

この砂浜にたった2人しか残っていない漁師さんは

高齢化と魚の市価値下がりで、もう殆ど海に出なくなってしまいました。

彼らと共生していた砂浜の猫たちの食生活も「残り物の魚」から「ドライフード」に変わり安定し、

砂浜に魚を求め回遊する姿もすっかり見かけなくなりました。

かつて人と猫が共生していた時代には、どこでも見られたであろうありふれた砂浜の日常。

またひとつステキな光景が見られなくなってしまいました。

■2010年7月撮影■  EOS-1DsⅢ EF70-200mmF2.8LIS

|

« 砂浜の記憶 | トップページ | 一緒 »