カテゴリー「撮影記」の21件の記事

2007年2月20日 (火)

ある公園にて

「何か、用ですか」

猫ボランティアの人達は、神経質になっている。

写真を撮ってると、私が役所の人か何かだと思って警戒するみたいだ。

{猫にエサをあげないで下さい}

この看板が、全てを物語っていた。

{動物を捨てる事は、犯罪です}

元飼い主は、責められる事は無い。二度とこの場所に戻るはずもないから・・・

此処には、あちこちに車や家具が何年も捨てられたまま放置されている。

{持ち主の方、至急移動して下さい。}

タイヤを外された朽ちた車に、真新しい警告書が貼ってある。

捨てた人が現場に戻ってくるはずも無いのに・・・

Img_1179_5

| | コメント (3)

2007年2月17日 (土)

何処へ

ひとしきり追っかけっこした後、暗闇の中へと消えていった2匹の子猫。

この寒い中、何処で寝ているのだろうか。

人間と暮らした事が無いから、此処での暮らしが普通だと思ってるんだろうな。

みんなで丸まって寝ながら、夢の中でも追っかけっこしてるんだろうな。

3

| | コメント (0)

2007年2月16日 (金)

野生

ライオンやチーターの写真といえば、サバンナを疾走する絵が浮かぶと思う。

ネコの写真=カワイイ写真。これが一般的だと思う。

動物園に居るライオンは、家ネコみたいにいつもゴロゴロしている。

野良の子猫たちは、今日も狩りの練習にいそしむ。

生き抜く為に!

Img_1391

| | コメント (2)

2007年2月12日 (月)

日々成長

昨日、一年ぶりに、かつて毎週通った江東、江戸川区に撮影に行って来ました。

当サイトのテーマの原点となった場所です。

顔なじみ猫達も、大半が元気な姿を見せてくれました。

嬉しかった。

(さすがに、私の事なんか完全に忘れてて、逃げまくられましたが・・・)

もう一度、かつて通った場所を丁寧に撮影してみたくなりました。

少し成長した私の、今の視線で。

Img_6952_1

| | コメント (2)

2007年2月10日 (土)

捨花

せっかくの3連休なのに、少し過労気味なので、自宅でぼんやり過ごしてます。

去年の今頃は、何かにとり付かれたかのように朝から、夜まで撮影に没頭してたっけ。

挙句の果てに、一ヶ月の入院・・・

時々、石コロや、木の実を拾ってきては家人に不思議がられる私。

猫の餌場のそばに捨てられていた、一輪だけ花を咲かせたゼラニウムの一枝をカメラバックに挿して持ち帰った。

水に挿しておいたら、次々と花を咲かせた。

今では、すっかり根付いて真っ赤な花を咲かせている。

今日もまた、一輪咲いた。

あの埋め立て地、今から行ってみようかな・・・

Img_0186

| | コメント (2)

2007年2月 7日 (水)

真冬の花火

19:00、すっかり体も冷えてきた。

漁師さんに雑魚をたらふく頂いた子猫達も、食後の運動を終えて少し眠たそうだ。

そろそろ私も帰り支度を始めよう。

「どこで花火大会やってるんだろう?」

「あっ・・・・」

しばらく頭が混乱して、何も出来ずに固まってしまった。

オレンジ色に染まった満月だった。

Img_1423

| | コメント (2)

2007年1月25日 (木)

好物

「ネコって油揚げ食べるんですネ!」

おじさんが、煮しめた油揚げを猫にあげていた。

今晩の晩酌のつまみなのかな?

本当は、カリカリの方が好きなんだろうけど・・・

自分の大好物を、猫たちにもあげたいんだろうな。

Img_4290

| | コメント (0)

2007年1月24日 (水)

北国そだち?

招き猫みたいなポーズを取るこの子を見た時、最初は思わず笑ってしまった。

此処に居る、他の子達は、こんなしぐさは見せない。

雪国では、足が冷たい時に、片足を上げているそうだ。

そんな事を思い出したら、切なさがこみ上げて来た。

Img_0530

| | コメント (3)

2007年1月20日 (土)

雨上がり

昔は、少し雨が降れば、いたる所に水たまりが出来た。

舗装してあっても、結構凸凹してて、雨後には小さな池が沢山できた。

何処からか、アメンボウがやって来て、スイスイ泳いでた。

今の私達の日常では、めったに見なくなってしまった。

小さな水たまりでさえ、許されない生活環境。

少しの狂いも許されない社会。

今秋には、此処も国道の抜け道になる。

明日の過酷な運命を知る由も無く、子猫が無心で遊んでいた。

Img_5327

| | コメント (2)

2007年1月19日 (金)

冬の色

無彩色と言われる冬の方が、光の色を強く感じる。

遠くへ行かなくても、桜や紅葉は無くても・・・

日常にステキな光はあふれてる。

Img_0518

| | コメント (0)

より以前の記事一覧